台風10号の警戒期間はいつまで? 去った後も注意すべきこと 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風10号の警戒期間はいつまで? 去った後も注意すべきこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


台風10号の暴風や大雨は、地方ごとに警戒期間が異なりますが、7日まで続く所が多いでしょう。台風による荒れた天気が収まっても、今度は、暑さに注意が必要です。

暴風や大雨 いつまで?

台風10号の北上に伴い、沖縄や九州だけでなく、広い範囲で影響を受けるでしょう。暴風や大雨に警戒が必要な期間はいつまでなのか、地方ごとにまとめました。

沖縄は、台風は遠ざかりつつありますが、6日の朝にかけて、大東島地方を中心に、吹き返しの暴風に厳重な警戒が必要です。午前中いっぱいは、まだ、発達した雨雲のかかる所もあるでしょう。

奄美の暴風は6日が中心ですが、九州南部は6日昼過ぎから風が吹き荒れ、7日明け方にかけて暴風が続くでしょう。7日明け方にかけては、大雨にも警戒を続けてください。

九州北部では、暴風に警戒が必要なのは、6日夜遅くから7日昼前になりそうです。ただ、大雨は暴風よりも早く、6日昼過ぎから警戒レベルに達するでしょう。

台風が接近する所では、記録的な暴風や高波、高潮、土砂災害の恐れがあります。大きな川でも、氾濫する恐れがありますので、最大級の警戒をしてください。

台風から離れた所も 7日まで大雨

さらに、今回は、台風から離れた所でも、大雨になる恐れがあります。原因は、台風が北上することによって、南の海上から、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」が流れ込むからです。このため、中国・四国では6日昼前から7日午前中にかけて、大雨に警戒が必要です。斜面や増水した川には、近づかないでください。

近畿や東海、関東甲信でも、7日にかけて、局地的に雷を伴い、雨が激しく降るでしょう。落雷や突風、急な強い雨に注意が必要です。

台風の後は 暑さに注意

そして台風がもたらすのは、暴風や大雨だけではありません。熱帯育ちの暖かい空気を運んでくるので、暑さももたらすでしょう。

8日は、西日本を中心に、天気が回復しますが、全国的に暑くなりそうです。最高気温は、東京や大阪は34℃、仙台は35℃まで上がる予想です。熱中症は、近畿から東北にかけて「危険」レベルの所が多くなっていますので、9月とはいえ、万全な対策を心がけてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい