九州 台風10号 経験ないような暴風・大雨・高波・高潮発生のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 台風10号 経験ないような暴風・大雨・高波・高潮発生のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


台風10号は、6日(日)から7日(月)にかけて特別警報級の勢力で、奄美から九州へ最接近する見込みです。これまで経験したことのないような暴風や大雨、高波、高潮が発生するおそれがあります。非常に危険な台風が襲来しますので、最大限の備えをして下さい。

台風10号の動向

非常に強い台風10号は急発達しながら、沖縄の大東島地方の南南東の海上を北上しています。また、風速25メートル以上の暴風域の範囲が広く、九州をすっぽり覆ってしまうほどの大きさとなっています。大東島地方付近を北上した後、あす6日(日)は猛烈な勢力で奄美付近から九州南部へ、7日(月)は九州南部から九州北部へかなり接近または上陸するおそれがあります。中心気圧は、奄美付近で915hPa、九州に接近する時点で930hPa前後が予想されており、これは台風の特別警報が発表される基準に達します。

最大瞬間風速50メートル以上の暴風

予想される最大瞬間風速は、6日(日)に奄美地方で80メートル、6日(日)~7日(月)に九州南部で55~70メートル、九州北部は7日(日)に40~60メートルです。

最大瞬間風速が60メートル以上の風が吹くと、一部の住宅が倒壊したり、車が横転したり、電柱の倒壊、倒木による道路寸断や建物倒壊などが起こるおそれがあります。また、長時間の停電やガラス窓の破損などが予想されます。

家の周囲を点検をし、早めに屋根や窓の補強したり、飛ばされやすいものは固定や室内に入れておきましょう。

接近前から雨 7日にかけて記録的な大雨に

きょう5日(土)、奄美地方や九州は台風周辺の湿った空気が流れ込むため、台風接近前から雨が降り出すでしょう。宮崎県など九州の太平洋側は湿った空気が山地にぶつかり雨雲が発生しやすい見込みです。また九州北部付近は秋雨前線も延び、局地的に雨雲が発達して激しく降るでしょう。

6日(日)~7日(月)は台風本体の非常に発達した雨雲がかかり、7日にかけて各地で記録的な大雨となり、九州南部の多い所では800ミリに達するおそれもあります。

沿岸部や河口付近は高潮危険

潮位が高い時期に、特別警報級の台風が接近するため、沿岸部や河口付近は記録的な高潮が発生するおそれがあります。

今から21年前の1999年9月24日、台風18号が強い勢力で九州北部地方へ上陸し、熊本県不知火町松合地区では顕著な高潮災害が発生して多くの犠牲者がでました。満潮時刻の2時間前に最高潮位となり甚大な災害が発生しています。

台風接近時は、満潮時間帯にかかわらず高潮による浸水や冠水に警戒をする必要があります。

海上は猛烈なしけ

5日(土)、奄美や九州南部の海上はうねりを伴い大しけやしけ、6日(日)~7日(月)は奄美から九州の西海上は猛烈なしけになる見込みです。

停電や断水に備えて

暴風によって電線が切れて広範囲で長時間の停電が発生したり、断水などが起こることも予想されます。

停電や断水に備えて、懐中電灯、携帯ラジオ、電池の準備、携帯電話の充電器、数日分の食料品や水の準備などをしておきましょう。避難所などに行く際はマスクや消毒液、体温計などがあるとよいでしょう。また、台風接近前にはお風呂に水をためておくと、いざという時に役立ちます。

経験がないような災害が発生するおそれがありますので、できる限りの備えをしておき、台風が接近する前に身の安全が確保できる場所に移動しておきましょう。そして、台風が接近したら外にでないようにして、大切な命を守って下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい