「暑さ寒さも彼岸まで」ですが 秋の訪れは? 1か月予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「暑さ寒さも彼岸まで」ですが 秋の訪れは? 1か月予報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


暑さがいつまで続くのか気になりますが、この先1か月は、全国的に平均気温は平年より高く、秋の訪れはスローペースでしょう。西日本の太平洋側と沖縄・奄美では、台風10号などの影響で、降水量が多くなりそうです。最新の1か月予報です。

向こう1か月のポイント

気象庁は、3日、「1か月予報」を発表しました。これによりますと、向こう1か月の天気のポイントは2つ。

1つめのポイントは「暑さ」です。全国的に暖かい空気が流れ込みやすいので、向こう1か月全体の気温は、平年より高いでしょう。平年ですと、9月から10月前半は、昼間は暑くても、朝晩は少しずつ秋めいてくる時期です。ただ、今年の夏から秋は、季節がゆっくり進むでしょう。

もう1つのポイントは「大雨」です。降水量は、秋らしく、台風の影響を受ける所がありそうです。沖縄・奄美や西日本の太平洋側では、台風10号や湿った空気の影響を受ける時期があるため、降水量は平年より多い予想です。残暑によって体調を崩さないようにするのはもちろん、大雨にも注意が必要です。

1週目【9月5日~11日】 台風の大雨と 熱中症に警戒

週ごとに詳しくみてみます。

9月5日~11日は、台風10号の影響で、西日本を中心に、大荒れの天気となる所があるでしょう。台風10号は「特別警報級」の勢力まで発達して、沖縄や奄美、九州に、接近または上陸する恐れがあります。今回の台風は、記録的な暴風や高波、高潮、大雨となる恐れがありますので、最大級の警戒が必要です。最新の台風情報をチェックしてください。

平均気温は、北・東・西日本では、平年より高いでしょう。特に、北海道から九州、奄美地方では、9日頃から「かなりの高温」が予想され、「高温に関する早期天候情報」も発表されています。9月になっても、まだまだ熱中症対策が必要になりそうです。

2週目【9月12日~18日】秋服の出番は まだ先に

9月12日~18日は、北・東・西日本では、天気は数日の周期で変わるでしょう。沖縄・奄美では、平年と同様に晴れの日が多い予想です。

そして、この期間は、沖縄もまた暑くなるでしょう。全国的に、平均気温は平年より高い予想です。平年ですと、東京のこの時期の最高気温は、27℃前後ですが、昼間は、まだ汗ばむくらいの日が多いでしょう。秋物の洋服の出番は、もう少し先になりそうです。

3~4週目【9月19日~10月2日】「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが

3~4週目は、天気と気温の傾向は、全国的に、2週目と同じでしょう。19日は「秋の彼岸入り」で、「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが、今年は、この言葉通りにはいかないようです。この先は、全国的に、ゆっくり秋めいていきますので、服装選びには十分ご注意ください。

【北日本】北海道・東北地方

【東日本】関東甲信・北陸・東海地方

【西日本】近畿・中国・四国・九州北部地方・九州南部

【沖縄・奄美】鹿児島県奄美地方・沖縄地方


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい