九州 きょう2日午後、台風9号最接近 影響は 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 きょう2日午後、台風9号最接近 影響は

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C

画像D

画像D


大型で非常に強い台風9号は、きょう2日(月)午後に九州へ最接近し、九州各地で大荒れの天気になるでしょう。特に、台風の中心がすぐ近くを通る長崎県五島や壱岐・対馬地方は猛烈な風や雨になるおそれがあります。暴風や高波、高潮、大雨に厳重に警戒して下さい。

台風9号の進路と特徴

2日午前10時現在、大型で非常に強い台風9号は九州の西海上を時速20キロで北上しているものとみられます。この後も勢力を保ったまま北上し、今夜は対馬海峡へ、あす3日(木)は朝鮮半島付近を北上する見込みです。台風は予報円の中心付近を通れば、九州南部はきょうの昼過ぎから夜の初めにかけて、九州北部は今夜、台風が最も近づく見込みです。

台風は勢力を保ったまま北上し、広い強風域を伴っているため、台風の中心から離れた所でも風が強まるでしょう。特に、九州北部にとっては風が強まりやすいコースです。

暴風・高波に厳重警戒

台風の中心がすぐ近くを通る長崎県五島や壱岐・対馬地方は、2日夜からあす3日未明にかけて暴風域に入り、瞬間的に45メートル前後の猛烈な風が吹く見込みです。木が倒れたり、走行中のトラックが横転するおそれもあります。外にでるのは極めて危険になりますので、不要不急の外出を控えて下さい。

その他の九州も、午後は次第に南よりの風が強まり、瞬間的に30メートル前後の突風が吹く所があります。高い場所での作業は極めて危険になります。また強風によって転倒したり、建てつけの悪い看板などが外れたり、物が飛ばされやすくなるでしょう。

海上の波はうねりを伴い急激に高くなり、東シナ海側は猛烈にしけてくる見込みです。

局地的に大雨のおそれ 多い所250ミリ

宮崎県では、きょう明け方からすでに非常に激しい雨が降っています。宮崎県など九州の太平洋側は、台風の湿った空気が山地にぶつかり、発達した雨雲が停滞しやすく、大雨のおそれがあります。また、長崎県も台風本体の雨雲がかかり、猛烈な雨が降る所があるでしょう。その他の九州も局地的に激しい雨が降る見込みです。

あすの明け方までに予想される雨量は、九州の多い所で250ミリと大雨になるでしょう。土砂災害や浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒して下さい。

また、発達した積乱雲の下では、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

高潮 台風接近時に満潮

きょうは満月で、「大潮」です。九州北部は台風が接近する今夜、満潮時刻を迎える所が多くなります。ちょうど台風の接近と重なるため、さらに潮位が上がり高潮が発生するおそれがあります。沿岸部や河口付近は浸水や冠水するおそれがありますので、近づかないようにしましょう。

台風が接近したら

風や雨が強くなってから、見回りや修理をしようと外にでるのは危険ですので、絶対にやめましょう。もしもの停電や断水に備えて準備し、最新の気象情報に気をつけて安全な所で台風の通過を待ちましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい