8月まとめ 記録的な酷暑と次々台風発生 9月も厳しい残暑と台風シーズン 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

8月まとめ 記録的な酷暑と次々台風発生 9月も厳しい残暑と台風シーズン

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


8月は記録的な暑さに。静岡県浜松市で埼玉県熊谷市の日本歴代最高気温に並ぶ41.1℃を観測。東京都心の8月の猛暑日日数は過去最多に。台風も次々と発生しました。9月も厳しい残暑と台風シーズンは続く予想です。

記録的な酷暑

7月は梅雨が長引き、厳しい暑さの日は少なくなりましたが、8月に入ると一転して、強い日差しが照りつけ、記録的な暑さに見舞われました。上の図は8月1日から30日までの平均気温の平年差です。全国的に平年より高く、特に東北の太平洋側や関東甲信、東海、近畿を中心に平年より2℃以上高い(赤い色で示される)地点が多くなりました。

今年は様々な暑さの記録もでました。

①17日には静岡県浜松市で最高気温が41.1℃まで気温が上がり、埼玉県熊谷市の日本歴代最高気温に並びました。

②岡山県高梁市は8月9日から31日まで23日連続で猛暑日になり、これまでの国内の連続猛暑日の最長記録である大分県日田市の22日連続を超えて、26年ぶりに国内の連続猛暑日記録を更新しました。

③東京都心の8月の猛暑日は11日間となり、8月としては統計開始以来、最多になりました。

④大阪市は統計開始以来、初めて1週間連続で最高気温が37℃以上となりました。

⑤28日、北海道上富良野町や富良野市麓郷で猛暑日となり、北海道での最も遅い猛暑日を更新しました。

7月の長雨から一転、8月は広く晴れて、厳しい暑さの日が多くなりました。

台風が次々発生

7月は統計開始以来、初めて、台風の発生がありませんでしたが、8月は台風が次々と発生しました。台風3号から9号と6個発生し、そのうち台風4号や5号、8号は沖縄付近を進み、沖縄に荒れた天気をもたらした。また、台風9号は9月1日にかけて非常に強い勢力で沖縄に接近するため、暴風や大雨、高波、高潮に厳重な警戒が必要です。

9月も厳しい残暑 続く台風シーズン

長期予報の資料によりますと9月も全国的に平均気温は平年より高い予想です。厳しい残暑が続き、関東以西では35℃くらいまで上がる所もあるでしょう。引き続き、熱中症に注意が必要です。北海道や東北も本格的な秋の訪れは遅くなるでしょう。

台風シーズンも続きます。去年、大きな被害をもたらした「令和元年房総半島台風(台風15号)は9月に、「令和元年東日本台風(台風19号)」は10月に列島に襲来しました。台風が近づくと予想される場合は早めに台風への備えをなさって下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい