中国地方 台風9号に警戒、その後いったん酷暑おさまる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国地方 台風9号に警戒、その後いったん酷暑おさまる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


今週の中国地方は、前半は猛暑と暴風に警戒、後半は雲が広がりやすくなり、猛暑がおさまる見通しです。

台風9号 暴風や高潮に警戒を

31日9時現在、大型で強い台風9号は沖縄の南の海上を北寄りに進んでおり、あす1日は勢力を強めながら沖縄付近を通過し、2日に東シナ海を北寄りに進み、3日の朝には朝鮮半島付近へ進む見込みです。中国地方は2日の午後から3日にかけて台風の影響を受けるでしょう。

山口県は雨や風が強まり、荒れた天気になるおそれがあります。また、台風が予報円の中心付近を通る場合、中国地方は風速15m/s以上の強風域に入り、瞬間的には20m/s以上の非常に強い風が吹く可能性があります。

また、大潮の時期にあたるため、高潮にも警戒が必要です。塩害のおそれもあるでしょう。

あすまでに、家の周りの飛ばされそうなものを固定したり、側溝の掃除をしておくなど、対策をしておいてください。また、停電に備えて、懐中電灯やロウソクの場所を確認し、電池式や充電式の小型扇風機などの熱中症対策グッズを準備しておくといいでしょう。

週の後半は猛暑がおさまる

週の前半は、最高気温が35℃以上の猛暑日となる所もあり、残暑が厳しいでしょう。

週の後半は、雲が広がりやすくなり、雨の降る可能性もあります。厳しい残暑はいったんおさまってきそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい