週間 沖縄、西日本は台風接近で大荒れに 体温並みの暑さにも警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 沖縄、西日本は台風接近で大荒れに 体温並みの暑さにも警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


台風9号は今後、非常に強い勢力に発達し、沖縄や九州などに接近。最新の台風情報の確認を。一方で、厳しい残暑が続き、体温並みの暑さになる所も。

台風9号 非常に強い台風へ

台風9号は、きょう(31日)正午現在、沖縄の南の海上にあって、1時間に約30キロの速さで北北西に進んでいます。中心気圧は955hPa、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで「大型で強い」台風です。今後も発達しながら北上し、「非常に強い」台風になり、あす9月1日にかけて沖縄に接近する見込みです。

沖縄は今夜(31日)から暴風となり、あす(1日)は猛烈な風の吹く所があるでしょう。猛烈な風は、家が倒壊するおそれもあるほどの風です。また海上は大しけとなるでしょう。

大雨にも警戒が必要です。あす(1日)正午までの24時間に降る雨の量は多い所で、沖縄本島地方で300ミリ、宮古島地方と八重山地方では180ミリと予想されています。あさって(2日)にかけて、さらに雨の量が増えるでしょう。

西日本も 台風に警戒

2日(水)から3日(木)にかけては、風速25メートル以上の暴風域を伴ったまま、九州の西の海上を北上し、朝鮮半島付近へ進む予想です。予報円の東よりのコースを進んだ場合、西日本にかなり接近し、暴風や猛烈なしけとなるおそれがあります。気象情報をこまめに確認して、台風への備えは早めにして下さい。

台風から離れている所でも、暖かく湿った空気が流れ込み、天気の急変や暑さに注意が必要です。東海、北陸などでは、最高気温が35度以上の猛暑日で、体温並みの暑さになる所もあるでしょう。9月に入っても、まだまだ熱中症対策が欠かせません。

厳しい残暑続く

週の後半も本州付近には湿った空気が流れ込みそうです。局地的に激しい雨が降り、大雨になる可能性があります。また全国的に暖かい空気が流れ込み、気温の高い状態が続きそうです。

週末は秋の気配が感じられた北海道も、再び暑くなるでしょう。内陸など最高気温が30度を超えるような所もありそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい