31日 台風9号接近で沖縄は大荒れ 広く猛暑 局地的な激しい雨・雷雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

31日 台風9号接近で沖縄は大荒れ 広く猛暑 局地的な激しい雨・雷雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう31日も広範囲で猛烈な暑さ。局地的に雨雲が発達。台風9号が接近する沖縄は、次第に猛烈な風が吹き、外出が極めて危険な状況に。

台風9号 次第に非常に強い勢力へ 沖縄・奄美 大荒れ

大型で強い台風9号は、きょう31日午前6時現在、沖縄の南にあり1時間におよそ20キロの速さで北へ進んでいます。中心の気圧は955hPa、中心付近の最大風速は40メートルです。このあと、次第に「非常に強い勢力」まで発達し、沖縄に接近する見込みです。

沖縄・奄美では風が強まってきて、「今夜~あす」にかけては猛烈な風が吹き荒れるでしょう。一部の住宅が倒壊するおそれがあるほどで、屋外での行動は極めて危険な状況になります。台風への備えや安全な場所への避難は、可能な限り早い時間に済ませてください。なお、窓ガラスが破損する危険性があるため室内にいても怪我をしてしまうおそれがあります。窓からは、できるだけ離れるようにしてください。

沿岸の海域ではうねりを伴った高波にも厳重な警戒が必要です。大潮の時期が重なるため、海岸や河口付近の低い土地では高潮による浸水の被害も想定されます。

また、台風の接近に伴い断続的に雨で、多い所で1時間に80ミリの猛烈な雨が降るでしょう。

【あすにかけて予想される風速、波の高さ、雨の量】

●最大風速(最大瞬間風速):沖縄地方50メートル(70メートル)・奄美地方30メートル(45メートル)

(※最大瞬間風速70メートルは、比較的台風の接近しやすい沖縄・奄美でも、過去にあまり観測されたことがないほどの猛烈な風)

●波の高さ:沖縄地方13メートル・奄美地方11メートル

●1日午前6時までの24時間雨量(多い所):沖縄地方300ミリ・奄美地方100ミリ

●2日午前6時までの24時間雨量(多い所):沖縄地方・奄美地方ともに200ミリ~300ミリ

九州~関東 暑さと急な雨 特に関東甲信は不安定

九州から東海はおおむね晴れて、猛暑が続くでしょう。午後は山沿いを中心ににわか雨や雷雨の所がありそうです。

北陸と関東甲信も日差しはあり、最高気温は33度~35度くらいの予想。きのうほどではないものの、厳しい暑さです。天気は変わりやすく、あちらこちらで雨雲が発達。特に、関東甲信では、夕方からは山沿いに限らず平地も多くの所で雨や雷雨となるでしょう。局地的には、道路が一気に冠水するような非常に激しい雨が降りそうです。

東北と北海道 天気は回復傾向 秋の空気に覆われる

東北と北海道は、前線や低気圧の影響で、きのうから今朝にかけて活発な雨雲がかかりました。きょうの日中は、雨のやんでくる所が多く、雲の間から日の差すこともあるでしょう。ただ、北から流れ込む秋の空気に覆われ、気温はあまり上がりません。東北は25度前後の所が多いでしょう。北海道は20度前後で、きょうも長袖が活躍しそうです。

あす9月1日は防災の日

1960(昭和35)年に制定された防災の日。

この日は、1923(大正12)年に発生し、多くの市民を巻き込んだ「関東大震災」に起因するものです。都市型地震災害として、学ぶところが大きな地震でもあります。

加えて、1982(昭和57)年からは、9月1日「防災の日」を含む1週間を「防災週間」として、各地で防災訓練や防災を啓発する行事が行われています。ことしは、きのう30日から9月5日(土)が防災週間です。

毎年、今頃は、昔から台風の厄日の一つとして農家の方々などに知られてきた「二百十日」にあたり、その10日後には「二百二十日」があります。

今年はコロナ禍の影響で取り止めになる地域行事も多々ありますが、家庭や職場などで、台風や地震など自然災害への備えを確認しあう良い機会になればと思います。

tenki.jpでは、【特集:新型コロナと自然災害に備えて】という記事を掲載していますので、是非参考になさって下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい