台風9号 沖縄は電柱が倒壊するほどの猛烈な風の恐れ 西日本も動向注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風9号 沖縄は電柱が倒壊するほどの猛烈な風の恐れ 西日本も動向注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


台風9号は非常に強い勢力で31日(月)から9月1日(火)に沖縄に接近する予想。沖縄は猛烈な風が吹く所があるでしょう。一部の電柱が倒壊したり、建物の一部が倒壊して広範囲に拡散する恐れがあります。

沖縄は大荒れ

台風9号は31日(月)から9月1日(火)にかけて非常に強い勢力で沖縄に接近する予想です。

沖縄は31日(月)から風が強まり、宮古島地方は夕方から、沖縄本島地方や石垣島地方は夜から暴風が吹き荒れるでしょう。9月1日(火)にかけて猛烈な風の吹く所がありそうです。一部の電柱が倒壊したり、建物の一部が倒壊して広範囲に拡散する恐れがあります。不要不急の外出は避け、屋内でも窓から離れるようにして下さい。海上はうねりを伴い猛烈なしけとなるでしょう。海岸付近にも近づかないで下さい。

台風本体の活発な雨雲がかかり、非常には激しい雨が降るでしょう。9月1日(火)にかけて大雨となる恐れがあります。土砂災害や河川の増水、氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。

また、大潮の時期と重なるため、沖縄本島地方と宮古島地方の海岸や河口付近では高潮による浸水や冠水に注意、警戒が必要です。

西日本も台風の動向に警戒

台風9号は予報円の中心を通る場合、9月2日(水)は非常に強い勢力を保ったまま東シナ海を進むでしょう。台風が予報円の東側を進む場合は九州を暴風域に巻き込みながら北上する恐れがあります。

奄美地方では31日(月)の夕方から9月1日(火)にかけて非常に強い風が吹き、沿岸の海域ではうねりを伴い猛烈にしけるでしょう。九州を中心に西日本の沿岸の海域でもうねりを伴いしける所がある見込みです。台風の動きによっては風が強まり、荒れた天気となる恐れがあります。最新の台風情報にご注意下さい。

また、台風の北上に伴って9月1日(火)から3日(木)頃は九州や四国の太平洋側を中心に台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、所々に活発な雨雲がかかるでしょう。局地的な大雨に注意が必要です。

なお、この情報は30日(日)現在の資料をもとに作成しています。台風の進路によって影響や警戒期間が変わる可能性があり、最新の情報にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい