あすも「暑さ」と「急な雨や雷雨」に警戒 熱中症は一番上の危険レベル 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あすも「暑さ」と「急な雨や雷雨」に警戒 熱中症は一番上の危険レベル

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


28日の天気のポイントは2つ。1つは「暑さ」で、予想最高気温が体温を超える所も。もう1つは「急な雨や雷雨」で、関東から西では、突然、雨雲やカミナリ雲が発達する恐れがあります。熱中症はもちろん、天気の急変にも、十分お気をつけください。

朝から暑い 日本海側は37度予想も 大阪は15日連続の猛暑日に

27日木曜日の夜から28日金曜日も、日本付近は暖かい空気に包まれるため、全国的に気温の高い状態が続くでしょう。8月も残り少なくなってきたにもかかわらず、夜から朝にかけても気温があまり下がらないのが、特徴の一つです。関東から西だけでなく、東北でも、最低気温が25度前後の所があるでしょう。夜間の熱中症対策も、忘れないでください。

さらに、28日金曜日の日中は、広い範囲でたっぷりの日差しが降り注ぎ、日本海側を中心にフェーン現象が発生するため、気温がグングン上がるでしょう。最高気温は、本州の日本海側を中心に、35度前後と予想されています。鳥取や松江は37度と、体温を超えるような暑さが続きそうです。太平洋側でも35度を超える所があり、大阪は36度と、15日連続の猛暑日になるでしょう。

このため、熱中症情報は、東北から四国にかけての広い範囲で、一番上の「危険レベル」です。また、「暑さ」が「長引いている」ことによって、体に疲れがたまる頃です。こまめな水分補給や、適度な塩分補給はもちろん、無理をしないで、涼しい所でこまめに休憩してください。

関東から西 局地的に「バケツをひっくり返したような雨」

そして、関東から西では、28日金曜日も「大気の状態が不安定」でしょう。予報で「晴れマーク」の所でも、油断はできません。天気が急変して、バケツをひっくり返したような雨が降り、道路が川のようになる所がありそうです。局地的には、カミナリが鳴る恐れもあります。落雷や竜巻などの突風、急な強い雨に、お気をつけください。

もし、急に発達した雨雲やカミナリ雲がかかった場合は、頑丈な建物の中に入ったり、地下施設や水辺などから離れたりするなど、身を守る行動を心がけてください。スマートフォンなどで、気象情報をこまめに確認することも、おススメです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい