あす27日も台風の影響が続く 太平洋側で大雨のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす27日も台風の影響が続く 太平洋側で大雨のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


台風8号の影響で、あす27日も東日本・西日本の太平洋側、沖縄では大雨となるおそれがあります。24時間雨量が150ミリに達する所もあり、土砂災害などに警戒が必要です。

東日本・西日本・沖縄はあすも台風の影響受ける

非常に強い台風8号は、きょう(26日)は朝鮮半島付近を北上し、日本からは離れていますが、あす(27日)も日本付近は台風の影響を受けそうです。台風に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んでいます。また、太平洋高気圧の縁を回る湿った空気も流れ込んでいるため、大気の状態が不安定となっていて、あすにかけて大雨のおそれがあります。

東日本や西日本の太平洋側を中心に、また沖縄でも今夜からあすにかけて局地的にカミナリを伴った非常に激しい雨や激しい雨が降るでしょう。土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水や川の増水にも注意・警戒が必要です。

大雨のおそれ

あす(27日)午後6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、九州北部と九州南部で150ミリ、四国と沖縄で120ミリ、東海で100ミリ、関東甲信で80ミリとなっています。

なお、発達した雨雲が停滞した場合には、警報級の大雨となる可能性があります。最新の気象情報や自治体からの避難に関する情報を得るとともに、身の危険を感じる前に避難できるよう備えてください。

特に注意が必要なのは

南から暖かく湿った空気が流れ込むため、太平洋側の地域を中心に発達した雨雲がかかりやすいでしょう。また、南側の斜面を中心に雨量が多くなるおそれがあります。

※以下、「24時間雨量」は、27日午後6時までの24時間に予想される雨の量、のことを指します。

【沖縄】 24時間雨量は、沖縄本島地方で120ミリと予想されています。雨が小康状態になってもこれまでに降った雨で地盤が緩んでいる所があります。土砂災害警戒情報が発表されている市町村があり、土砂災害に厳重に警戒が必要です。

【九州】 長崎県の五島では24時間雨量が150ミリと予想されます。断続的に雨や雷雨となりそうです。また、種子島・屋久島地方でも24時間雨量が150ミリの予想です。

【四国】 太平洋側を中心に発達した雨雲がかかるでしょう。高知県中部や西部では局地的に非常に激しい雨が降りそうです。車を運転する際も視界が悪くなって危険なくらいの降り方になりそうです。

【東海】 断続的に雨や雷雨で、激しい雨の降る所があるでしょう。

【関東】 南部を中心に発達した雨雲がかかるでしょう。24時間雨量は、南部の多い所で80ミリの予想です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい