九州 台風8号北上 海上は強風・高波 陸上は局地的大雨と猛暑に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 台風8号北上 海上は強風・高波 陸上は局地的大雨と猛暑に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


強い台風8号は、あす26日(水)にかけてさらに発達しながら東シナ海を北上する見込みです。九州は海上から次第に風が強まり、あすは東シナ海側の沿岸海上は大しけになる所があるでしょう。強風やうねりを伴う高波に警戒が必要です。九州の太平洋側は局地的に大雨になるおそれがあります。また、きょう25日(火)は台風の北上に伴い、各地で厳しい残暑になる見込みです。

台風8号はさらに発達

25日(火)午前9時現在、強い台風8号は東シナ海をゆっくりとした速度で北上しています。今後も海面水温が30度ある東シナ海を北上するためにさらに発達し、あす26日(水)は東シナ海で「非常に強い勢力」になる見込みです。その後、やや速度を上げて黄海を北上し、28日(金)には中国東北区で温帯低気圧に変わるでしょう。

台風は東シナ海の大陸よりのコースを進みますが、発達しながら北上するため、九州は海上から次第に風が強まるでしょう。あすは陸上でも南東から南の風がやや強まるでしょう。

また、九州の海上は全般に波が高くなり、東シナ海側の沿岸海上は波の高さが4㍍から5㍍としけ、あすは6㍍と大しけになる所がある見込みです。海上はうねりを伴う高波に十分に警戒して下さい。

九州の太平洋側は大雨のおそれも

台風8号は九州からやや離れて北上するため、台風本体の雲は九州にかかりませんが、台風周辺の湿った南東の風が九州山地にぶつかり、九州の太平洋側で発達した雨雲が発生しやすくなるでしょう。宮崎県や鹿児島県の太平洋側は断続的には雨が降り、雨量が多くなるおそれがあります。九州その他の所も所々で雨雲が発生し、局地的に激しい雨が降る見込みです。雨の降り方にもご注意下さい。

台風北上で厳しい残暑 最高気温38度台も

九州は台風8号の北上に伴い、高温多湿な空気が流れ込んでおり、九州北部は午前中からすでの気温が高くなっています。さらに、南東の風が吹き九州北部はフェーン現象も発生する可能性があるため、九州北部は最高気温が37度から38度台と体温を超える暑さになる所があります。大変厳しい残暑になりますので、熱中症に対して厳重に警戒して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい