台風8号北上続ける 9月に向けてまだまだ厳しい残暑 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風8号北上続ける 9月に向けてまだまだ厳しい残暑

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


台風8号は北上しながら、あす26日(水)には「非常に強い勢力」に発達するでしょう。九州北部は強風や高波に警戒や注意が必要です。この先も残暑が厳しく、九州から東海、関東甲信では35度以上の猛暑日の所もまだまだありそうです。

台風8号 水曜日には「非常に強い」勢力へ

台風8号は、今後「非常に強い勢力」に発達して東シナ海を北上し、あす26日(水)には朝鮮半島付近に接近する見込みです。台風に近い九州北部では強い風が吹き、大シケとなるでしょう。海岸には絶対に近づかないようにしてください。また台風から離れた地域でも、油断は禁物です。四国など、西日本の太平洋側の地域では台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。あさって27日(木)午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、四国地方で200から300ミリです。大雨による土砂災害や河川の増水に注意、警戒をしてください。

あさって以降の天気

あさって27日(木)も九州北部を中心に台風の影響を受けやすいでしょう。本州付近には高気圧周辺の湿った空気が流れ込みやすく、東海など太平洋側の地域を中心に雨の降る所がありそうです。この先は九州から関東にかけて晴れる日が多いですが、天気の急変に注意が必要です。

気温の傾向は

23日(日)は二十四節気の「処暑」でしたが、この先、9月に向けても暑さはまだ収まる気配がなさそうです。九州から東海、関東甲信では35度以上の猛暑日の所があるでしょう。一方で、北海道では今週は札幌などで30度以上の真夏日を予想している日もありますが、週末になると雨が降り、次第に秋の気配を感じられるようになりそうです。

(一部、字句を訂正しました)


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい