台風8号 沖縄本島地方に24日昼前まで最接近 暴風や高波、大雨に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風8号 沖縄本島地方に24日昼前まで最接近 暴風や高波、大雨に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


24日、台風8号は沖縄本島地方に最も近づいており、久米島が暴風域に入っています。

久米島が暴風域に

24日午前10時、台風第8号は沖縄県の久米島の北北西をゆっくりとした速度で東へ進んでおり、久米島が暴風域に入っています。最大瞬間風速は久米島空港で36.5メートル(10時1分)、久米島で30.7メートル(9時39分)を観測しました。

沖縄本島地方には台風本体の活発な雨雲がかかっており、1時間に那覇空港では36.0ミリの激しい雨が降りました。

暴風や高波、大雨に警戒

台風第8号は今後、強い勢力に発達し、24日昼前にかけて沖縄本島地方に、24日昼過ぎから夕方には奄美地方に最も近づく見込みです。

沖縄地方では非常に強い風が吹き、大しけとなっている所があります。暴風や高波に警戒が必要です。奄美地方でも、風が強まり、海上では25日にかけて、うねりを伴ったしけとなるでしょう。海岸付近には近づかないようにして下さい。

台風に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、沖縄地方では24日、奄美地方では25日にかけて大気の状態が非常に不安定となる見込みです。雷を伴った激しい雨が降り大雨となる所があるでしょう。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒して下さい。竜巻などの激しい突風や落雷に注意が必要です。

また、台風の接近・通過に伴って、沖縄地方や奄美地方では25日にかけて潮位が高まり、海岸や河口付近の低地では浸水や冠水の恐れがあります。高潮にも注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい