西・東日本 雷雲が発達中 竜巻注意情報も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西・東日本 雷雲が発達中 竜巻注意情報も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


21日午後は、西日本や東日本で、大気の状態が「非常に不安定」になっています。あちらこちらで雷雲が発達し、雷鳴の聞こえている所もあります。「竜巻注意情報」も、相次いで発表されていますので、落雷や突風、急な強い雨に、十分ご注意ください。

関東から西に「竜巻注意情報」や「雷注意報」

21日は、西日本や東日本の広い範囲で、大気の状態が「非常に不安定」になっています。雷レーダー(実況)をみると、関東から西の所々で、雷雲が発達しているのが確認できます。

山梨県甲府市内からは、東側の空に、積乱雲が発達している様子が確認でき、雷鳴も聞こえました。

14時台や15時台には、西日本や東日本の多数の府県に「竜巻注意情報」が発表されましたし、16時現在、西日本や東日本の広い範囲に「雷注意報」が発表されています。

今夜遅くにかけて 落雷や竜巻などの突風に注意

西日本や東日本では、大気の「非常に不安定な状態」は、今夜遅くにかけて続くでしょう。

落雷や突風、急な強い雨に注意するだけでなく、竜巻などの激しい突風が発生しやすい気象状況になっていますので、空模様の急は変化に注意が必要です。積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全の確保に努めてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい