8月下旬 ピーク越えも厳しい残暑 南の熱帯低気圧は台風になる可能性も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

8月下旬 ピーク越えも厳しい残暑 南の熱帯低気圧は台風になる可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


この先、最高気温が40℃前後まで上がるような酷暑のピークは越えますが、厳しい残暑は続きそうです。引き続き熱中症に警戒を。また、南の海上には熱帯低気圧があり、動向に注意が必要です。

酷暑のピークは越えても厳しい残暑

きょう21日も広く猛烈な暑さが続きました。最高気温は埼玉県鳩山町で39.4℃、大阪府豊中市や岡山県高梁市で39.3℃まで上がるなど、所々で体温超えの暑さとなりました。

この先、酷暑のピークは越えるでしょう。40℃前後まで気温が上がるような暑さは収まりそうです。特に、23日(日)は全国的に雲が広がり、太平洋側を中心に雨が降るでしょう。強い日差しが雲がに遮られて、最高気温は関東以西でも30℃から33℃くらいの所が多く、体温超えの暑さは収まりそうです。

ただ、24日(月)以降は日差しが戻り、最高気温は東海以西では35℃くらいまで上がる所が多いでしょう。8月下旬ですが、厳しい残暑が続きそうです。酷暑のピークは越えますが、引き続き熱中症に警戒が必要です。こまめに水分をとり、室内では適切にエアコンを使い、無理のないようにお過ごし下さい。

熱帯低気圧の動きに注意

厳しい残暑とともに注意が必要なのが、南の海上にある熱帯低気圧です。熱帯低気圧は22日(土)夜から23日(日)朝にかけて先島諸島に接近する予想です。その後の動きはまだはっきしませんが、26日(水)頃には九州の西、その後、朝鮮半島へ進む予想もあります。今後、発達の程度によっては台風になる可能性もあり、動向に注意が必要です。

沖縄は22日(土)から24日(月)にかけては、この熱帯低気圧の影響で、風や雨が強まり、荒れた天気となる所があるでしょう。高波にも注意が必要です。26日(水)頃は九州など西日本も影響を受ける可能性があり、最新の情報にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい