最高気温40度近い所も 大阪は観測史上2位 京都・広島も今年1番の暑さ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

最高気温40度近い所も 大阪は観測史上2位 京都・広島も今年1番の暑さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


21日も危険な暑さで、最高気温は40度に迫る所も。8月も下旬なのに、暑さがレベルアップして、大阪市は観測史上2番目の暑さでした。京都市や神戸市、広島市なども、今年1番の暑さになりました。

8月下旬でも 最高気温40度に迫るほど

8月も下旬に入り、平年ですと「一年で一番暑い時期を過ぎた」にもかかわらず、厳しすぎる暑さが止まりません。21日は、関東から西の所々で、体温を超える暑さとなり、暑さがレベルアップした所もありました。

15時30分までの最高気温全国1位は、埼玉県鳩山町で39.4度。全国2位は、大阪府豊中市と岡山県高梁市で共に39.3度まで上がりました。また、大阪市は38.6度と、観測史上2番目の暑さでした。京都市は38.8度、神戸市は37.0度、広島市は37.1度など、西日本を中心に、今年1番の暑さになった所もありました。

23日日曜日は「処暑」 厳しい暑さはいつまで

この厳しい暑さがいつまで続くのか、気になるところですが、23日日曜日は二十四節気の「処暑」で、暦の上では暑さがおさまる頃です。実際にも23日日曜日には、暑さがおさまる所が多いですが、一時的です。さらに、日曜日は、これまでほど気温上がらなくても、湿度が高くなるので、不快な蒸し暑さでしょう。湿度が高くても、熱中症の危険度が高まりますので、対策を続けてください。来週も、全国的に気温は平年より高い状態が続きそうです。

(追記:字句の訂正を行いました)


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい