九州 内陸は体温超えの暑さが続く 週末は不安定な天気に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 内陸は体温超えの暑さが続く 週末は不安定な天気に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう20日(木)も、勢力の強い高気圧が九州付近に居座り、九州各地で猛烈な暑さが続く見込みです。特に、内陸部を中心に最高気温が37度から38度台と体温を超える暑さになります。引き続き、熱中症に対して厳重に警戒して下さい。週末はようやく猛烈な暑さの峠を越えますが、不安定な天気に変わる見込みです。

きょうまで猛暑のピーク

きょう20日(木)、勢力の強い高気圧が九州付近にほとんど停滞するため、九州は最高気温が35度以上の猛暑日の所が多くなるでしょう。大分県日田市や福岡県久留米市は38度、熊本県熊本市や佐賀県佐賀市は37度など、内陸部を中心に体温を超える暑さが続く見込みです。

九州は、特にお盆の頃から猛烈な暑さが続いており、きょうで約1週間になります。連日の暑さで体は疲れが出やすくなり、熱中症のリスクも高くなります。

こまめな水分補給を心がけ、日中の暑さが厳しい時間帯はなるべく無理をせずに涼しい所で過ごすようにしましょう。

あすから天気は変わり目

あす21日(金)から高気圧の勢力がやや弱まる見込みです。西日本の南海上には小さな低気圧が発生しやや北上する見込みです。このため、九州付近は湿った空気が入りやすくなり、あすの午後はにわか雨が降る所が多くなるでしょう。

22日(土)は低気圧がさらに九州へ近づくため、大気の状態が不安定になり、雨が降る所が多くなるでしょう。局地的に雨雲が発達して雷を伴い強い雨や激しい雨が降るおそれもあります。23日(日)も変わりやすい天気が続く見込みです。この影響で、週末は猛烈な暑さの峠を越える見込みです。

来週にかけて九州付近は高気圧の周辺の湿った空気の影響を受けやすくなり、不安定な天気が多くなるでしょう。また、南の海上は海面水温が高く、熱帯低気圧や台風が発生しやすい状況になります。本格的な台風シーズンに入っており、台風への備えも忘れずにしておきましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい