20日 猛暑日地点最多か 午後は天気急変 東海や関東甲信などで激しい雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

20日 猛暑日地点最多か 午後は天気急変 東海や関東甲信などで激しい雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょう20日(木)も各地で猛烈な暑さが続くでしょう。内陸部では40度近くまで上がる所もあり、危険な暑さになりそうです。午後は大気の状態が不安定になり、天気が急変。東海や関東甲信などでは激しい雨の降る所がありそうです。

きょうも猛烈な暑さ 40度近くまで上がる所も

きょう20日(木)も本州付近は高気圧に覆われて、沖縄と九州から東北は、朝から各地で強い日差しが照りつけます。気温がグングン上昇し、猛烈な暑さが続く見込みです。最高気温は、沖縄と九州から東北にかけて広く30度以上でしょう。京都や甲府、福島など内陸部では特に気温が高く、38度から39度と、40度に迫るほどの危険な暑さになりそうです。今年一番の暑さになる所もあり、35℃以上の猛暑日の地点は今年これまでで最も多くなる可能性があります。熱中症の危険がありますので、外出の際は、日傘などで日差しをよけ、こまめな水分補給や、適度な塩分補給を心掛けるようにしてください。またマスクは、周りの人との距離を保つなど、マナーを守った上で適宜はずして休憩をするようにしましょう。室内でも熱中症になるケースが多くありますので、エアコンで適度に温度調節をしてお過ごしください。

一方、北海道は厳しい暑さは収まるでしょう。最高気温はきのうよりもグンと低く、30度を超える所はなさそうです。真夏の暑さから一転して、涼しく感じられるでしょう。

午後は天気急変 道路冠水に注意

九州から東北にかけて午前中を中心に広く晴れるものの、午後は気温の上昇で大気の状態が不安定になりそうです。九州や四国、近畿、東海、関東甲信や東北南部を中心に局地的に雨や雷雨となるでしょう。東海や関東甲信、東北南部の内陸や山沿いを中心に激しく降る所もありそうです。道路が一気に冠水して川のようになってしまうこともあります。周りよりも道路が低くなっているアンダーパスなどは特に雨水が溜まりやすくなります。車などで通行する際は十分にお気をつけください。北海道は前線の影響で、曇りや雨ですっきりしないでしょう。沖縄は夕方まで晴れますが、夜遅くは所々で雨や雷雨となりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい