7月まで極端に少なかった台風発生数から一転 8月で平年並みに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

7月まで極端に少なかった台風発生数から一転 8月で平年並みに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


2020年は7月までは台風発生数が平年に比べて少なくなっていましたが、8月に入ってからすでに台風が5個発生するなど、平均的な発生ペースに戻っています。この先も台風シーズンは続きますので、今後の動向にも注視しましょう。

台風発生数 8月は平均的ペースに

今日18日午前9時に台風7号が発生しました。

今年7月までの台風発生数は2つ。7月までの台風発生数の平年値は8個弱と先月までは遅いペースでした。なお、先月は1951年の統計開始以来初めて、台風発生のない月となりました。

そんな中、今年はあと2週間を残して5つ目の台風が発生。8月の台風発生数の平年値は6個弱。去年までの10年間で、8月の台風発生数は平均で5個くらいであることから、平均的なペースになってきたことがわかります。

この先も台風シーズン続く 油断しないで

この先もまだまだ台風シーズンは続きます。

今日発生した台風7号は、中国の華南に接近・上陸する可能性が高く、日本列島に直接的な影響はない予想となっています。

とはいえ、例年台風が日本本土に上陸するのは多くが7月から9月です。7月や8月は太平洋高気圧の勢力が強く、また、台風を流す上空の風がまだ弱いために不安定な経路をとることが多いのですが、9月以降になると南海上から放物線を描くように日本付近を通るようになります。このため日本に大きな災害をもたらす台風の多くは9月にやって来るのです。

これからが本格的な台風シーズンになります。今後の台風の発生やその経路にも注視するようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい