九州 内陸は最高気温40度に近づく 週末から不安定な天気に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 内陸は最高気温40度に近づく 週末から不安定な天気に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう18日(火)の九州は、勢力の強い高気圧に覆われて、広い範囲で最高気温が35度以上の猛暑日になり、内陸部では40度に近づく所がある見込みです。きょうも各地で猛烈な暑さが続き、熱中症になる危険が高いですので厳重に警戒して下さい。

18日の最高気温 内陸は40度近づく

きょうも九州は朝から所々で30度を超えるなど、気温の上がり方が早くなっています。九州付近は、九州の西に中心を持つ勢力の強い高気圧に覆われて、雲の発生が少なく強い日差しが照りつける見込みです。さらに暑い空気の流れ込みで、気温が上昇し、広い範囲で最高気温が35度以上の猛暑日になるでしょう。

18日(火)の予想最高気温は、熊本県人吉市や大分県日田市は39度、熊本県熊本市や福岡県久留米市、宮崎県都城市、鹿児島県鹿児島市や鹿屋市は38度です。特に、九州の内陸部は40度に近づく猛烈な暑さになる見込みです。

きのう17日(月)、宮崎県西米良村は最高気温が39.7度まで上がるなど、九州南部を中心に観測史上1位の記録を更新した所がありましたが、きょうも記録的な暑さになる所があるでしょう。

もし、九州で最高気温が40度を超えれば、観測史上初めてのことになります。

猛烈な暑さの出口は? 週末から不安定な天気

あす19日(水)から20日(木)も気圧配置に大きな変化はなく、九州は晴天と猛烈な暑さが続く見込みです。

21日(金)頃から高気圧の勢力が弱まってくるため、猛烈な暑さの峠は越える見込みです。ただ、九州は高気圧周辺の湿った空気が入りやすくなるため、蒸し暑さが増し、不安定な天気が多くなるでしょう。また、西日本の南海上では熱帯低気圧が発生する可能性もあり、今後の動向に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい