18日 40℃近い危険な暑さも 熱中症に警戒 関東周辺は不安定 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

18日 40℃近い危険な暑さも 熱中症に警戒 関東周辺は不安定

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C

画像D

画像D

画像E

画像E


きょうは、九州から近畿を中心に晴天。関東から北海道などは晴れ間があるが、関東周辺では午後に雨や雷雨も。きょうも広範囲で真夏日や猛暑日。40℃近い危険な暑さも。熱中症に警戒。

きょうの天気 西ほど晴天 関東周辺は午後に雨や雷雨

きょう(18日:火曜)は、本来は日本の南に中心をおくことが多い太平洋高気圧の中心が九州の西に移り、西から本州付近を覆うでしょう。北海道付近は前線と低気圧が通りやすい見込みです。

高気圧の中心に近い、九州から四国、中国地方では、雲一つないような晴れの一日になるでしょう。近畿や東海も晴れますが、時々雲が広がる見込みです。きのう全国一の暑さになった静岡県は、昼頃から雲が広がるうえに、急な雨や雷雨になる可能性があります。バケツをひっくり返した時のような激しい雨の降る所もある見込みですから、天気の急な変化に、ご注意下さい。北陸と関東甲信は昼頃から晴れ間が出てきますが、関東甲信では、午後を中心に雨や雷雨の所がある見込みですから、こちらも、空模様の変化には要注意です。東北から北海道の日本海側では、朝と夜に曇る所がありますが、日中は多くの所で晴れそうです。午前中は霧のかかる所がありますから、ドライバーの方や小型船舶の方は、ご注意下さい。北海道の太平洋側やオホーツク海側では、晴れ間の出る所がありますが、一日曇りや霧の所があるでしょう。

沖縄は夏の空です。時々雲が湧いて、午後は、南大東島地方や八重山地方で局地的に雨が降り、雷雨になることがある見込みです。

きょうの気温 全国的な高温続く 危険な暑さも

きょう(18日:火曜)は、日本列島は暑い空気に覆われて、日差しが強い所ほど高温になりそうです。九州から関東にかけての広範囲で35℃以上の猛暑日が予想され、九州を中心に、40℃近い危険な暑さになるおそれがあります。きのう全国一の暑さに並んだ浜松市では、きのうほどではありませんが、今日も猛暑日が続きそうです。猛暑日にならないまでも、東北や北海道にかけては30℃以上の真夏日になり、30度前後まで上がる所が多くなりそうです。

東海、近畿、四国、中国と九州、沖縄には、高温注意情報が発表され、関東甲信では、東京をはじめ群馬、埼玉、神奈川、山梨の各県に熱中症警戒アラートが発表されています。

外出は、できるだけ避けるほうがよいのですが、外で過ごすことになる方は、日陰を選んで歩くことや日の当たる場所に長くいないなど、暑さを避ける工夫をなさってください。昼夜を問わず熱中症に、お気をつけ下さい。

今月初めに「立秋」を迎えましたが、日中でも暦通りの秋を感じるのは、北海道の東部やオホーツク海沿岸です。こちらの最高気温は20℃前後にとどまり、9月下旬並みの所がある見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい