暑さピーク 35℃以上の猛暑いつまで? 土日はあちらこちらで雨雲発達か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

暑さピーク 35℃以上の猛暑いつまで? 土日はあちらこちらで雨雲発達か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


17日(月)、静岡県浜松市で最高気温が41.1℃と、日本歴代最高気温になりました。暑さのピークは21日(金)頃まで続くでしょう。22日(土)から23日(日)は急な雨や雷雨に注意が必要です。

17日(月)静岡県浜松市で日本歴代最高気温41.1℃ 広く猛暑日に

17日(月)も、日本付近は高気圧に覆われて、強い日差しが照りつけた所が多くなりました。最高気温は、静岡県浜松市で41.1℃となり、これまでの埼玉県熊谷市の日本歴代最高気温に並びました。15時までの最高気温は、浜松市に次いで高かったのは、岐阜県美濃市と宮崎県西米良村で39.7℃、静岡県浜松市天竜区船明で39.6℃となりました。

全国のアメダス921地点のうち、200地点以上で35℃以上の猛暑日になり、浜松市以外にも26地点で観測史上1位の値を観測しました。

暑さピーク 21日(金)頃にかけて高温続く 夜でも熱中症に注意

この先も、日本付近は高気圧に覆われて、強い日差しが照りつける所が多いでしょう。東北では20日(木)まで、関東から九州では21日(金)頃まで、最高気温は35℃以上の猛暑日になる所がある見込みです。夜でも気温は下がりにくく、最低気温は、九州から関東を中心に25℃を下回らない所が多いでしょう。夜でも冷房を使用するなど、熱中症対策が必要な日が続きます。

22日(土)から23日(日) あちらこちらで雨雲が発生・発達か

22日(土)頃になると、高気圧は勢力を弱めるでしょう。九州から東海を中心に最高気温は32℃以上の所が多く、残暑は厳しいですが、猛烈な暑さは解消しそうです。

22日(土)から23日(日)にかけて、日本の上空には、冷たい空気が流れ込む見込みです。地上付近では、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、広い範囲で大気の状態が不安定になる可能性があります。このような場合は、あちらこちらで雨雲がわき、雲は発達するでしょう。雷雨になることもありそうです。カミナリ雲の下では、竜巻などの突風が発生する恐れがあり、屋外の活動は危険です。また、先日(12日)、関東では、落雷が原因とみられる停電が発生しています。

22日(土)と23日(月)は、空模様の変化に注意が必要になります。最新の気象情報をご確認下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい