17日 猛暑のピーク続く お盆休み明け 熱中症リスク大 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

17日 猛暑のピーク続く お盆休み明け 熱中症リスク大

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう(17日)も西日本と東日本は猛暑が続きます。続く暑さとお盆休み明けで疲労が重なる時期。熱中症にかかるリスクが高まるため、より警戒が必要です。

九州から関東 広く猛暑日に

きょう(17日)も、沖縄と九州から関東、北陸は高気圧に覆われて、強い日差しが照りつけるでしょう。

午前6時までの最低気温は、神戸で29.3度、大阪で28.5度など、熱帯夜になった所が多く、朝晩も気温の高い状態が続いています。熱い空気がたまっている所にきょうも強い日差しを受けて、気温はうなぎのぼりに。最高気温は、京都で39度、高松・奈良・甲府などで38度と、体温を超えるような暑さが予想されています。

猛暑のピークが続く中、お盆休みが明けてきょうからお仕事をいう方も多いと思います。暑さによる疲れもたまってくる頃で、より熱中症に警戒が必要です。ノドが乾く前にこまめに水分をとり、直射日光を避けて外を歩くなど、十分な熱中症対策をして下さい。

東北は前線停滞 日本海側を中心に雨

東北付近には前線が停滞していて、所々発達した雨雲がかかっています。きょう(17日)の日中は秋田県や山形県など、日本海側を中心に雨が降るでしょう。南部の太平洋側は日差しもありますが、大気の状態が不安定です。局地的に雷を伴って激しい雨の降ることもあるでしょう。天気の急な変化にお気をつけ下さい。

北海道は東部でにわか雨や雷雨がありますが、日中は広く晴れる見込みです。最高気温は平年より高く、暑さが続くでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい