14日 猛暑のお盆 熱中症に警戒 北日本は天気下り坂 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

14日 猛暑のお盆 熱中症に警戒 北日本は天気下り坂

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう(14日)も西日本と東日本を中心に猛烈な暑さが続くため、熱中症対策は万全に。一方、東北や北海道は夕方から次第に雨が降りだしそう。

熱中症 警戒続く

きょう(14日)は、沖縄と九州から関東にかけて広く晴れるでしょう。関東はきのう(13日)の午後は天気が急変して激しい雨の降った所がありましたが、きょうも山沿いを中心ににわか雨がありそうです。

強い日差しで日中は気温がグングン上昇。きょうも猛暑日になる所が多い見込みです。最高気温は高松、京都、岐阜で38度と、西日本と東日本の内陸を中心に体温を超える暑さが予想されています。北陸はきのうより5度くらい高くなり、再び猛烈な暑さになるでしょう。

暑い日中の時間の外出はできるだけ避けて、涼しい場所でお過ごし下さい。また部屋の中にいても、こまめな水分補給が欠かせません。この猛暑は少なくとも、あと1週間ほど続きそうです。朝晩も気温が下がりにくいため、夜間の熱中症にも注意が必要でしょう。

北日本 夜から雨脚強まる

東北北部と北海道は雲が多く、天気は下り坂です。低気圧や前線が近づくため、午後は次第に日本海側から雨雲がかかり始め、夕方以降は広く雨が降るでしょう。夜は東北や北海道の日本海側では所々で雨脚が強まり、北海道の北部はバケツをひっくり返したような「激しい雨」の降ることもありそうです。沿岸部では南よりの風が強まるでしょう。東北南部は昼頃まで広く晴れますが、次第に雲が増えてきそうです。

最高気温はきのう(13日)より低いでしょう。北海道の東部では10度ほど低くなる所もあり、涼しく感じられそうです。それでもおおむね平年並みの気温で、北海道は25度前後の所が多くなる見込みです。日差しがある東北南部では30度まで上がり、暑いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい