猛暑の盆入り 残暑厳しい東北地方 熱中症対策万全に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

猛暑の盆入り 残暑厳しい東北地方 熱中症対策万全に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう13日(木)は盆の入りです。東北地方では、13時までの最高気温が多くの地点で30度を超え、35度超の猛暑日になっている所があります。あす14日(金)以降も残暑厳しくなりそうです。お墓参りなど屋外で過ごす機会も多くなりますが、熱中症対策は万全にしてお過ごしください。

13日(木)東北地方も猛暑地点続出

東北地方は、高気圧に覆われて西よりの風が吹いています。奥羽山脈を越えた風が入る太平洋側を中心に気温が上がっています。13日13時までの最高気温は、東北地方の161地点中89地点で30度以上となり厳しい暑さとなっています。

猛暑日となっている福島県の浪江と広野、宮城県の東松島は33.0度、石巻と江ノ島は32.9度を観測し、今年一番の暑さとなっています。

週末にかけても雨でも残暑厳しく

14日(金)から16日(日)にかけて前線が東北北部にかかる予想です。前線に向かって湿った空気が流れ込むため、北部や日本海側を中心に雲が多く雨が降りそうです。また、東北地方の上空1500メートル付近の気温は平年よりも高くなる予想です。このため、雨や曇りで日差しがなくても、北部や日本海側の気温は平年並みか高いでしょう。湿度も高いため、熱中症の危険度が高まります。

太平洋側南部は前線から遠いため、晴れる所が多いでしょう。気温は日差しとともにグングン上がり、最高気温が35度以上になり、猛暑日となる所がありそうです。

きょう13日は盆の入り お墓参りは万全の熱中症対策を

お墓参りなど、お盆期間中は屋外で過ごしたり、車での移動も多いかと思います。水筒やペットボトルなどを持ち歩き、常に水分補給をしやすい環境を整えましょう。屋外では帽子や日傘で日差しを避け、十分な距離を保てる場合にはマスクは外しましょう。また、車内は高温になりやすいため、車を離れる際にはサンシェードを使って直射日光を遮ったり、保冷バッグや保冷剤を積み込んで、冷たい飲み物を準備しておくなどもよさそうです。熱中症対策は万全にしてお過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい