12日 全国的に残暑 雨や雷雨にも注意を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

12日 全国的に残暑 雨や雷雨にも注意を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


きょうは、東北と北陸から九州北部は雨や雷雨。北海道と関東から九州南部、沖縄は午後を中心に所々雨や雷雨。非常に激しい雨も。全国的に厳しい残暑。猛烈で危険な暑さになる所も。

きょうの天気 全国的に不安定 日本海側中心に雨や雷雨

きょう(12日:水曜)は、太平洋高気圧から湿った空気が流れ込むため、日本海側を中心に雨が降りやすいでしょう。太平洋側でも局地的に雨や雷雨になる見込みです。

九州北部から山陰や北陸、東北では日中も雨や雷雨の降る所が多いでしょう。激しい雨の降る所がありそうです。関東北部では、非常に激しく降る所がある見込みです。

激しい雨とは、1時間当たりの雨量が30ミリから50ミリの雨で、道路が川のようになったり、バケツをひっくり返した時のような雨のことです。さらに、非常に激しい雨は、1時間あたりの雨量が50ミリから80ミリの雨で、傘は全く役に立たず、ゴウゴウと滝のように降り続く雨のことです。

日中なら、空は真っ暗になってしまい、車を運転する方はライトをつけずにいられません。

大雨になることや土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水が考えられますから、雨の降り方に注意や警戒をなさってください。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも注意が必要です。きょうは広範囲で大気の状態が不安定です。

きょうの気温 全国的に気温が高い 危険な暑さも

きょう12日(水曜)は、日本列島は南からの暖かい空気や日差しによる気温の上昇で、全国的な高温が続くと予想されます。ふだんの夏なら涼しさを感じる頃にあたる北海道でも多くの所が25℃以上の夏日です。道内では内陸部など30℃を軽く超える所もあるくらいで、東北から本州一帯と四国や九州、沖縄では30℃から35℃前後の所が多いでしょう。きのうの40℃超という数字はなさそうですが、全国的に高温のリスクは高い状態です。北海道から沖縄にかけて、きょうも高温注意情報が発表されています。また関東甲信越では、1都8県の全域に熱中症警戒アラートが発表されています。

不要不急の外出はなるべく避け、室内をエアコンなどで涼しい環境にして、お過ごしください。

特別な場合以外は運動も避けましょう。ここで特別な場合というのは、医師や看護師、一次救命処置保持者のいずれかが常駐し、救護所の設置や救急搬送体制の対策を講じられた場合、涼しい屋内で運動する場合等のことです。くれぐれも熱中症に気をつけたい一日です。

日中だけでなく、夜も気温が下がりきらない所が多い見込みです。寝る前にはコップ一杯の水を飲むようにし、エアコンを使用しましょう。夜でもかかりやすい熱中症にも、お気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい