正午までに東京都心で36℃超 群馬県伊勢崎市では38.6℃ 危険な暑さ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

正午までに東京都心で36℃超 群馬県伊勢崎市では38.6℃ 危険な暑さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


今日11日の東京都心は、正午までに36℃を超え、さらに群馬県伊勢崎市では40℃に迫る気温となっています。危険な暑さとなっていますので、熱中症に十分注意してください。

関東気温上昇中 危険な暑さに

今日11日の関東地方は、気温がグングン上昇しています。

正午までに東京都心で36.8℃(11:54)を記録し、今年初めて36℃を超えました。さらに群馬県伊勢崎市では、同じく正午までに38.6℃(11:53)を記録し、全国で一番の暑さとなっています。

この後の関東地方も、気温がグングン上がる予想です。危険な暑さとなっていますので、熱中症に十分警戒してください。

関東甲信地方では熱中症アラート発表中 不要不急の外出は控えて

今日は、関東甲信地方の茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、山梨県に熱中症警戒アラートが発表されています。

熱中症警戒アラートが発表された所では、熱中症にかからないよう、積極的に取るべき行動が4つあります。

① 身の回りの気温や湿度、暑さ指数を確認しましょう、「熱中症情報」などのウェブサイトでも確認できます。室内でも気温や湿度をチェックし、適度にエアコンを使って、涼しくしてください。

② 特に熱中症になりやすいのは、高齢者や子ども、障がい者の方々です。そんな方々には、3密(密集、密接、密閉)を避けながら、周囲の方からも「こまめに水分補給をして」「なるべく涼しくして」「体調に変化は?」など、積極的な声がけを行ってください。

③ エアコンなどが設置されていない屋内、及び、屋外での運動や活動は、中止や延期などを検討しましょう。また、不要・不急の外出は、できるだけ避けてください。

④ 「新しい生活様式」における熱中症予防のポイントは3つ。「暑さを避ける」「屋外で人との十分な距離(2メートル以上)が保てる場合は、マスクを外す」「こまめに水分補給をする」です。これらの「熱中症予防行動」を、普段以上に実践してください。

※熱中症警戒アラートとは、熱中症を予防することを目的に、環境省と気象庁が共同で発表して、暑さへの「気づき」を呼びかけるための情報です。今年の夏から、全国に先駆けて、関東甲信地方を対象に実施しています。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい