台風5号(チャンミー)発生 沖縄に接近へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風5号(チャンミー)発生 沖縄に接近へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう8月9日3時に、沖縄の南で台風5号(チャンミー)が発生しました。発達しながら北上し、沖縄本島地方の西を通過する見込みです。

台風5号発生

きょう8月9日3時に、沖縄の南で台風5号(チャンミー)が発生しました。中心気圧は1000ヘクトパスカル、北へ時速30キロで進んでいます。台風5号は、発達しながら北上し、9日15時には那覇市の南西約160キロの海上に進み、その後は東シナ海を北上する見込みです。

先島諸島や沖縄本島地方では、9日は雨や風が強まるでしょう。沖縄本島地方、大東島地方、宮古島地方の海上ではしける見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水にも十分注意してください。

台風の名前

チャンミーは、韓国が用意した名前で意味は「ばら」です。台風の名前は、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)で各加盟国などの提案した名前が、あらかじめ140用意されていて、発生順につけられます。準備された140を繰り返して使用(140番目の次は1番目に戻る)されますが、大きな災害をもたらした台風などがあると、加盟国からの要請によって、その名前を以後の台風では使用しないように別の名前に変更することがあります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい