東北 大雨厳重警戒 激しい雨が断続し滝のような雨のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 大雨厳重警戒 激しい雨が断続し滝のような雨のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


東北地方は日本海側を中心に9日(日)にかけて激しい雨が断続し、多い所で24時間で200ミリの雨となるおそれがあります。土砂災害、低い土地の浸水、川の氾濫に警戒し、自治体からの情報はすぐに確認できるようにしておきましょう。

8日(土)夕方以降は滝のような雨 早めに安全の確保を

前線が東北地方に停滞し、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいます。8日(土)の東北地方は広く雨が降り、日本海側を中心に雷を伴って激しい雨となる所があるでしょう。また、前線上の低気圧が東北地方にゆっくりと近づく予想です。夕方以降、雨の激しさが増して、ゴーゴーと滝のような雨となるおそれがあります。車の運転や、辺りが暗くなってからの徒歩移動も非常に危険です。雨が小康状態のうちにハザードマップを確認し、浸水が予想される地域や土砂災害のおそれがある地域の皆様は、安全を確保できるように準備をしておきましょう。

9日(日)も激しい雨が断続 大雨のおそれ

9日(日)は、前線上の低気圧がゆっくりと東北地方を通過する予想です。低気圧や前線付近の発達した雨雲がかかる山形県、秋田県、青森県、岩手県を中心に雨量が多くなり大雨となる恐れがあります。雨は強弱を繰り返しながら長時間続く予想です。土砂災害や川の増水や氾濫の危険性が高くなり、雨の降り方が一旦落ち着いている時でも災害が起こる場合があります。雨が弱まっても避難情報が出ている場合は、安全を確保できる場所に留まりましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい