九州 7日~8日不安定な天気 局地的に強雨や激しい雨のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 7日~8日不安定な天気 局地的に強雨や激しい雨のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


7日(金)から8日(土)は、九州の北に延びる前線に向かって高温多湿な空気が流れ込むため、九州は不安定な天気が続く見込みです。局地的に雨雲が発達しやすく、雷を伴い強い雨や激しい雨が降る所があるでしょう。屋外での活動は、急な天気の変化にご注意下さい。また大変蒸し暑くなりますので、こまめに水分補給を行うなど十分な熱中症対策を行いましょう。

不安定な天気 九州南部は猛暑日も

きょう7日(金)の「立秋」は、台風4号から変わった低気圧が発達して北海道付近へ進み、前線が日本海から朝鮮半島南部付近へ延びています。九州付近は前線に向かって流れ込む高温多湿な空気の影響で、大気の状態が不安定になっており、九州北部は明け方から朝にかけて雷を伴い一時雨脚が強まった所がありました。

きょうの九州は北部を中心に変わりやすい天気です。九州北部は雲が多く一時雨や雷雨になり、雨脚が強まる所があるでしょう。屋外での活動は、急な強い雨や落雷などにご注意下さい。

また、九州は各地で大変蒸し暑く、強い日差しが照りつける九州南部は最高気温は35度以上の猛暑日になる所がある見込みです。十分な熱中症対策を行いましょう。

8日(土)、前線が活発化 局地的に激しい雨

あす8日(土)は、朝鮮半島から日本海に延びる前線上を低気圧が通過するため、前線の活動が活発になる見込みです。このため、九州北部はさらに大気の状態が不安定になり、断続的に雨が降るでしょう。雷を伴い局地的に強い雨や激しい雨が降るおそれがあります。

梅雨は明けていますが、一時的に梅雨が戻ってきたような気圧配置になりますので、落雷や雨の降り方に注意が必要です。

来週前半も不安定な天気?

来週の前半も、九州付近は高気圧の周辺部で南から湿った空気が入りやすいでしょう。このため、晴れ間もでますが、にわか雨が降りやすい不安定な天気が多くなりそうです。

また、現在フィリピンの東海上では雲がまとまり始めています。このあと、台風に発達する可能性もありますので、今後の動向に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい