都心 今年初めて35度以上の猛暑日 熱中症警戒アラートも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

都心 今年初めて35度以上の猛暑日 熱中症警戒アラートも

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう7日(金)、東京都心で、今年初めて最高気温が35度以上の猛暑日になりました。東京、千葉、茨城には熱中症警戒アラートも発表されています。猛烈な暑さに警戒が必要です。

都心で今年初めて35度以上の猛暑日に

きょう7日(金)、東京都心で11時半すぎ、気温が35度0分を観測し、今年初めての猛暑日になりました(猛暑日:最高気温が35度以上の日)。きょうは関東から九州南部にかけて、太平洋側を中心に朝から強い日差しが照りつけて気温がグングン上がっています。その他、東京都府中市や八王子市などでも既に猛暑日となっています。また、東京都、千葉県、茨城県には環境省と気象庁が、関東甲信地方で今年から実施している「熱中症警戒アラート」が発表されています。熱中症の危険性が極めて高い気象状況になることが予想されます。外出はなるべく避け、室内で過ごす際も、エアコンや扇風機などを活用したり、こまめに水分を補給するなどして、熱中症にならないように十分お気を付けください。

熱中症警戒アラートとは

この熱中症警戒アラートは、熱中症を予防することを目的に、環境省と気象庁が共同で発表して、暑さへの「気づき」を呼びかけるための情報です。(今年の夏から、全国に先駆けて、関東甲信地方を対象に実施しています。)

熱中症警戒アラートを発表する基準は「暑さ指数(WBGT)」です。暑さ指数は「気温」「湿度」「輻射熱(地面や建物・体から出る熱で、温度が高い物からはたくさん出ます)」を取り入れた、暑さの厳しさを表す指標です。

この暑さ指数が、都内や県内のどこかの地点で「33」を超えると予想された場合、都や県単位で、熱中症警戒アラートが発表されます。熱中症警戒アラートが発表された所では、日頃から実施している熱中症対策を、普段以上に徹底することを心掛けてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい