元台風4号 再発達し接近へ 暴風や激しい雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元台風4号 再発達し接近へ 暴風や激しい雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


台風4号は温帯低気圧に変わりましたが、再発達し、7日(金)に北海道付近へ。北海道は暴風や大雨、高波に警戒が必要です。東北から九州北部も局地的に激しい雨が降るでしょう。

元台風4号の動向に警戒

台風4号は6日午前9時に日本海で温帯低気圧に変わりました。低気圧に変わっても油断できません。再発達し、7日(金)に北海道に近づくでしょう。北海道は大荒れの天気となる恐れがあります。また、前線が日本海から本州付近に近づく予想です。日本海側は激しい雨の降る所があるでしょう。

天気の警戒・注意点

【北海道】7日(金)は台風から変わった低気圧の影響で、大荒れの天気となる恐れがあります。雷を伴って断続的に激しい雨の降る所があるでしょう。平年8月のひと月の8割以上の雨量が予想されている所もあります。土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に警戒が必要です。また、日本海側では風が非常に強く吹き、日本海側と太平洋側西部の海は大しけとなる見込みです。暴風や高波にも警戒が必要です。

【東北】7日(金)に低気圧から延びる前線が東北付近を南下し、9日(日)にかけて前線が停滞するでしょう。東北の日本海側を中心に、断続的に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に警戒して下さい。

【北陸~九州北部】7日(金)から8日(土)にかけて前線が近づき、大気の状態が不安定になるでしょう。所々に活発な雨雲がかかり、局地的に激しい雨が降りそうです。激しい雨が降ると、道路が川のようになることがあります。アンダーパスなど低い道路の冠水にご注意下さい。

【関東~九州南部、沖縄】この先も晴れる日が多いでしょう。ギラギラと強い日差しが照り付けて、厳しい暑さが続きそうです。猛暑日の続く所もあるでしょう。熱中症に警戒が必要です。こまめな水分補給を心がけて下さい。室内では適切に冷房を使い、無理のないようにお過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい