北海道 7日にかけて大雨や暴風、高波に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 7日にかけて大雨や暴風、高波に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


台風4号は、今日(6日)午前9時に温帯低気圧に変わりましたが、明日(7日)にかけて再発達しながら北海道に近づく見込みです。北海道では明日(7日)にかけて雨や風が強まり、荒れた天気となるでしょう。局地的な大雨や暴風、高波などに警戒が必要になりそうです。

6日午後 前線の影響で激しい雨に

今日の午後は、北海道付近に停滞する前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になります。

そのため、広い範囲で雨が降り、降り方が強まる見込みです。1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る恐れもあるため、低い土地への浸水や土砂災害、河川の増水などに十分な注意が必要です。

また、落雷や竜巻などの激しい突風を伴う恐れもあるため、空が急に暗くなるなど、発達した積乱雲の近づく兆しがあるときには、頑丈な建物の中に避難するなど、安全確保に努めて下さい。

7日 低気圧が発達して接近 荒れた天気に

明日は台風4号から変わった温帯低気圧が再発達しながら北海道に近づきます。気圧の傾きが大きくなるため、各地で南よりの風が強まるでしょう。陸上で予想される最大瞬間風速は、日本海側北部で35メートル、その他の地域で30メートルと、風にあおられて転倒する危険のある暴風の吹く恐れがあります。

風の強まりと共に波も高くなり、日本海側を中心に最大で6メートルの大しけとなりそうです。沿岸の地域では越波の恐れもあるため、高波への警戒も必要です

また、午前中は寒冷前線の通過によって日本海側や太平洋側西部で雨が強まり、午後は低気圧本体の雨雲が日本海側北部にかかる予想となっています。明日午前6時からの24時間で、最大100ミリから150ミリの雨が予想されており、局地的な大雨となりそうです。

低気圧の発達の程度や進路によって予報が変わる可能性もあるため、今後も最新の気象情報を確認するようにして下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい