台風4号「強い」勢力に発達 今後の動向と影響は 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風4号「強い」勢力に発達 今後の動向と影響は

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


3日15時、台風4号は「強い」勢力に発達。沖縄の先島諸島から離れつつありますが、3日夜も非常に強い風が吹き、激しい雨の降る所があるでしょう。また、台風から変わる温帯低気圧が7日頃には北日本に近づく可能性があります。

台風の進路は?

3日15時、台風4号は「強い」勢力に発達しています。台風の強さは最大風速で決まり、「強い」は3番目の強さです。

台風4号はこのあと「強い」勢力で東シナ海を北上し、4日には華中に進む予想です。5日頃には進路を東よりに変えて、6日には日本海で温帯低気圧に変わるでしょう。その後、北日本に近づく恐れがあります。温帯低気圧に変わりますが、油断はできません。熱帯育ちの暖かく湿った空気を運び込みそうです。

台風の影響は? 各地の天気のポイント

【沖縄】台風4号は先島諸島から離れつつありますが、3日夜にかけて非常に強い風が吹くでしょう。局地的にカミナリを伴って激しい雨が降りそうです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。沿岸の海域では、先島諸島はしけており、沖縄本島地方は波が高くなっています。しけや波の高い状態は4日にかけて続くでしょう。海岸付近には近づかないようにしてください。

【九州~関東】この先1週間も太平洋側を中心に強い日差しが照りつけ、厳しい暑さの日が多いでしょう。連日のように猛暑日となる所もありそうです。熱中症に警戒が必要です。日本海側は前線や湿った空気の影響で7日頃は雲が多く、雨の降る所もあるでしょう。

【北陸~北海道】台風から変わる温帯低気圧が7日頃に近づく予想です。活発な雨雲がかかり、雨量が多くなる所もあるでしょう。風が強まり、荒れた天気となる恐れもあります。最新の気象情報にご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい