梅雨明け間近 厳暑に警戒 「高温に関する全般気象情報」発表 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅雨明け間近 厳暑に警戒 「高温に関する全般気象情報」発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


九州北部から近畿は梅雨明け間近。30日(木)以降、厳しい暑さが続くでしょう。気象庁は「高温に関する全般気象情報」を発表。一方、関東甲信の梅雨明けはまだ先になりそうです。

西日本は夏空とともに厳暑に

今年、梅雨明けしているのは未だ沖縄や奄美、九州南部だけです。九州北部から東北にかけて梅雨明けの平年日を過ぎており、梅雨が長引いています。

30日(木)以降、太平洋高気圧が次第に西日本に張り出すでしょう。九州北部から近畿にかけては今週中に続々と梅雨明けとなりそうです。強い日差しとともに、厳しい暑さになるでしょう。29日(水)、気象庁は「高温に関する全般気象情報」を発表しました。沖縄は8月1日(土)にかけて最高気温が33℃以上となる所があり、西日本では8月5日(水)頃にかけて35度以上の猛暑日となる所があるでしょう。

熱中症のリスクが高くなります。喉の渇きを感じる前にこまめに水分をとりましょう。室内では適切にエアコンを使い、無理のないようにお過ごし下さい。マスクをしていると熱がこもりやすくなります。人との距離を十分にとって、マスクを外し、休憩をとることも熱中症予防のポイントになります。

関東甲信の梅雨明けはまだ先

次第に太平洋高気圧の勢力が強まり、東海も8月2日(日)頃からは晴れて、体にこたえる暑さが続くでしょう。一方、関東甲信は気圧の谷や湿った空気の影響で、今週末にかけて曇りや雨のすっきりしない天気となりそうです。梅雨明けは来週以降になるでしょう。涼しいのは30日(木)までで、その後は最高気温が30℃前後まで上がり、蒸し暑い日が続きそうです。梅雨明けはまだでも暑さ対策はしっかりとなさって下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい