27日も九州から東北で雨や雷雨 非常に激しく降る所も 災害への警戒を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

27日も九州から東北で雨や雷雨 非常に激しく降る所も 災害への警戒を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう27日も、九州から東北にかけて雨雲やカミナリ雲が発達。局地的には、滝のような非常に激しい雨が降る。災害の危険度がさらに高まるおそれ。

各地の天気

梅雨前線が日本海から東北地方へと延び、この前線に向かうように南から暖かく湿った空気が流れ込みます。九州から東北にかけて、大気の状態が非常に不安定。雨雲やカミナリ雲の発達しやすい状況です。

今朝は、九州北部や東海で、地盤がかなり緩んでいる所があります。今後の雨で、さらに多くの所で土砂災害の危険度が高まるおそれがありますので、最新の気象情報や自治体からの避難に関する情報を確認し、早めの安全確保を心がけてください。

【各地の天気(西から)】

沖縄は大体晴れますが、にわか雨の所もありそうです。

九州南部も日差しがあるでしょう。ただ、急な強い雨や雷雨にお気を付けください。

九州北部は雨が降ったりやんだり。午前中は滝のような非常に激しい雨(1時間50ミリ:道路が一気に冠水するほど)の降る所があるでしょう。

中国、四国、近畿、東海、甲信も断続的に雨。太平洋側ほど雨の時間が長くなりそうです。特に東海では、きょうも非常に激しく降るおそれがあります。

関東は変わりやすい天気。日は差しますが、ザッと強い雨の降ってくることも。内陸を中心に雷雨の所があり、落雷や突風が発生する危険性もあります。

北陸と東北南部は午前より午後のほうが雨の範囲が広がり、激しく降る(1時間30~40ミリ:傘があっても濡れてしまうほど)所や、雷雨になる所がありそうです。

東北北部は雨が降ったりやんだり。特に雨雲やカミナリ雲が発達しやすいのは朝までと夜で、こちらも局地的に激しく降るでしょう。

北海道は、夕方にかけて南西部を中心に雨の所がありそうです。

予想最高気温

全国的にきのうと同じくらいでしょう。沖縄や九州から東北南部にかけて30度前後の所が多く、湿度も高く蒸し暑いでしょう。時間を決めてこまめに水分を摂るなど、熱中症対策をなさってください。東北北部は25度~28度くらいの予想です。北海道は、北部を中心に25度を超える所があるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい