週間 北陸や東北で警報級の大雨の恐れ 九州など梅雨明けか 猛烈な暑さに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 北陸や東北で警報級の大雨の恐れ 九州など梅雨明けか 猛烈な暑さに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


29日(水)にかけて梅雨前線が東北付近に停滞し、北陸や東北を中心に大雨の恐れがあります。一方、28日(火)以降、次第に夏の太平洋高気圧が西日本付近に張り出す見込みです。

27日(月) 北陸や東北を中心に大雨の恐れ

27日(月)は、梅雨前線が大陸から日本海、東北地方を通って、日本の東に延びるでしょう。日本の東に中心を持つ太平洋高気圧のふちを回って、前線に向かって雨雲のもとである暖かく湿った空気が流れ込みます。九州から東北にかけて雨が降り、カミナリが鳴る所もあるでしょう。北海道も道南を中心に雨雲がかかる見込みです。

特に雨の降り方に注意が必要なのは、北陸や東北付近です。上空に寒気が流れ込み、夕方を中心に大気の状態が非常に不安定になるでしょう。雨雲が発達しやすく、大雨になる恐れがあります。

28日(火)~29日(水) 北陸や東北の大雨続く 警報級の恐れ

夏の高気圧といわれる太平洋高気圧は、28日(火)以降、次第に西日本に張り出しを強める見込みです。さらにオホーツク海に中心を持つ高気圧は、28日(火)から29日(水)を中心に北日本に張り出しを強めるでしょう。この2つの高気圧の境となる梅雨前線は、東北付近に停滞し、活動が活発になる見込みです。日本海で雨雲が発達し、北陸や東北に次々に流れ込むでしょう。29日(水)にかけて、北陸や東北で予想される雨量は、7月の平年ひと月雨量の8割以上の所があります。北陸や東北などで警報級の大雨になる可能性があり、特に新潟では28日(火)、可能性が高くなっています。

発達した雨雲は、29日(水)は次第に南へ下がり、関東北部にもかかるでしょう。

九州~近畿 28日(火)以降 梅雨明けの可能性あり

さて、28日(火)から次第に夏の太平洋高気圧に覆われる九州から近畿では、曇りや雨の天気から、強い日差しが照りつけるようになってきます。雨は長く降り続く梅雨の雨から、午後の急な雨、夕立に変わるでしょう。厳しい暑さが続き、最高気温は35度くらいまで上がる所もある予想です。このタイミングで、九州から近畿など、梅雨明けになるかもしれません。東日本付近では、30日(木)以降も太平洋高気圧の張り出しは弱い見込みです。関東や東北付近に、東の海上から湿った空気が流れ込みやすいでしょう。雲が広がり、雨の降る日がある見込みです。上空には寒気が流れ込みやすい状態で、今のところの予想では、30日(木)頃は、関東や東北南部付近で雨雲が発達しやすく、日差しが出ても雷雨になることが考えられます。関東甲信など、梅雨明けは、まだ先となりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい