24日 西日本を中心に大雨 災害への警戒を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

24日 西日本を中心に大雨 災害への警戒を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう24日は、九州や中国、四国で、雨が非常に激しく降るおそれ。近畿や東海、北陸も次第に雨脚が強まる。災害の危険度が高まる所も。

各地の天気 雨が強まる時間帯など

きょう24日朝、前線に伴う活発な雨雲が九州北部にかかり、ゆっくりと東へ移っています。このあと、更に広い範囲で雨脚が強まるでしょう。

【各地の天気(西から)】

沖縄はおおむね晴れるでしょう。

九州と中国・四国は断続的に雨や雷雨で、道路が一気に冠水するほどの非常に激しい雨(1時間50ミリ以上)の降る所もあります。この「非常に激しい雨」が予想される時間帯は「九州北部:夕方まで」「九州南部:昼前~あす未明」「中国地方:今朝~あす明け方」「四国:今夜~あす昼前」です。同じような所に集中的に活発な雨雲がかかって、短い時間で災害の危険が高まるおそれもあります。

近畿と東海、甲信、北陸は、午前中は所々で雨。午後は次第に雨の範囲が広がって、夕方以降は雨脚が強まるでしょう。傘があっても濡れてしまうほどの激しい雨(1時間30ミリ以上)の降る所もありそうです。

関東は、午前より午後の方が雨の所が多くなるでしょう。こちらは、それほど強く降ることはなさそうです。

東北は晴れ間がありますが、朝晩を中心に所々で雨雲が湧くでしょう。

北海道は、東部は雲が多く、ときおり雨が降りそうです。北部と南西部は昼前まではおおむね晴れ。昼過ぎからはにわか雨や雷雨の所があるでしょう。

予想される雨の量

あす25日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、九州(北部・南部ともに)300ミリ、四国250ミリ、中国地方200ミリ、近畿、東海、北陸100ミリ。

その後、26日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、四国と近畿、東海100~200ミリ、九州南部と北陸100~150ミリ、中国地方50~100ミリです。

なお、予想される雨の量が他の所より少ない=災害の危険性が低い、というわけではありません。地形などの影響で、それほど雨量が多くなくても災害が発生するケースはありますし、特に先日の大雨による被害のあった地域では、脆くなっている崖や、堤防が傷ついている川もあります。

最新の気象情報や、自治体からの避難に関する情報に留意してください。気象庁のHPにある「大雨・洪水警報の危険度分布」等で、お住まいの地域の災害の危険度を知ることも大切です。

避難が必要と判断された場合、可能な限り、周囲のようすが確認しやすい明るい時間帯に、近隣の方などと声を掛け合って行動するよう、心がけてください。

日中の気温

沖縄は、きょうも30度を超えるでしょう。九州から東北にかけても、きのうと同じくらい。広く25度を超えて、30度くらいまで上がる所もありそうです。雨でも気温は高く、蒸し暑く感じられるでしょう。適切にエアコンや扇風機を使うなど、無理のないようにお過ごしください。北海道もムシッとした体感で、札幌をはじめ日本海側を中心に25度くらいの所が多いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい