日本でも若干の海面変動 アリューシャン列島でM7.5の地震 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本でも若干の海面変動 アリューシャン列島でM7.5の地震

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう22日、アリューシャン列島でマグニチュード7.5の地震がありました。日本でも若干の海面変動が予想されますが、被害の心配はありません。

アリューシャン列島でM7.5の地震発生

日本時間22日午後3時13分ごろ、アリューシャン列島(アメリカ、アラスカ半島)で地震がありました。地震の規模を示すマグニチュードは7.5と推定されます。震源の近傍では津波発生の可能性があります。この地震により、日本の沿岸では若干の海面変動があるかもしれませんが、被害の心配はありません。

気象庁は津波予報を発表

気象庁はきょう(22日)午後3時55分に津波予報を発表しました。

それによりますと、日本の沿岸では若干の海面変動があるかもしれませんが、被害の心配はありません。

若干の海面変動が予想される沿岸は次のとおりです。

<津波予報(若干の海面変動)>

北海道太平洋沿岸東部、北海道太平洋沿岸中部、北海道太平洋沿岸西部、青森県太平洋沿岸、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県九十九里・外房、千葉県内房、小笠原諸島、静岡県、三重県南部、和歌山県、高知県、宮崎県

若干の海面変動が予想される時刻は、早い沿岸で22日午後8時00分頃です。これらの沿岸では今後1日程度は若干の海面変動が継続する可能性が高いと考えられます。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい