4連休の天気 梅雨明けの気配なし 西日本を中心に大雨のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

4連休の天気 梅雨明けの気配なし 西日本を中心に大雨のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


あす海の日からの4連休、ほぼ全国で曇りや雨。梅雨前線の活動が活発になり、西日本を中心に大雨になる所がありそう。交通機関に影響が出るおそれも。

特に24日と25日は広範囲で雨が強まる

あす23日(木)は、梅雨前線が西日本から東日本に延びて停滞。九州は朝と夜に広く雨。夜は北部ほど降り方が強まり、激しく降る所もありそうです。中国と四国、近畿は、午前を中心に所々で雨が降るでしょう。東海と関東、北陸は一日雨が降ったりやんだりで、雨脚の強まることもありそうです。東北と北海道は、午後は大気の状態が不安定になり、太平洋側を中心に急な雨や雷雨の所があるでしょう。

24日(金)~25日(土)は、広い範囲で長い時間雨が続きそうです。西日本では九州や四国を中心に活発な雨雲がかかるでしょう。同じような場所で集中的に滝のような雨が降って、短い時間で災害の危険が高まるおそれもあります。東日本でも東海を中心に雨の量が多くなる所があり、東北も次第に雨が強まるでしょう。大雨により交通機関に影響が出る所もありそうです。

26日(日)も雨の所が多いでしょう。梅雨明けしている沖縄も、ザッと雨の降ることがありそうです。

各地の雨の降り方やピークの時間帯は、前線の位置や活動の度合いに左右されます。4連休中は最新の気象情報に留意してください。また、避難が必要になることも想定し、改めて、持ち出し品や避難場所、避難経路を確認しておくと安心です。

雨の割に気温は高い 後半は広く30度以上 かなりの蒸し暑さ

南から暖かく湿った空気が続々と流れ込むため、雨でも気温は上がります。特に連休後半は、西日本・東日本の広い範囲で最高気温30度以上となる見込みで、かなり蒸し暑く感じられるでしょう。時間を決めてこまめに水分を摂るなど、熱中症対策を万全に。めまいや立ちくらみがする、顔がほてる、腹痛や頭痛がするのは、熱中症のサイン。少しでも体調に異変を感じたら、すぐに涼しい所に移動して休憩しましょう。

夜も気温があまり下がらず、寝苦しさが増してきそうです。無理をせず、適切にエアコンや扇風機を使うようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい