東北 海の日にかけて激しい雨でさらに雨量増のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 海の日にかけて激しい雨でさらに雨量増のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


東北地方は22日(水)朝にかけて南部を中心に100ミリを超える大雨になった所がありました。午後も激しい雨の降るおそれがあります。福島県では22日夜遅くにかけて土砂災害や低い土地の浸水などに注意、警戒して下さい。

21日夜から22日明け方にかけて100ミリ超の大雨

21日18時から22日5時にかけて、東北地方は寒冷前線の通過に伴い雨が降り、福島県では総降水量100ミリを超える大雨になった所がありました。

21日18時から22日5時にかけて総降水量

【福島県】

猪苗代 112.5ミリ

鷲倉   94.5ミリ

福島   91.5ミリ

22日(水)午後も発達する雨雲 危険な崖などには近づかないで

大雨をもたらした寒冷前線は南下したもの、東北地方には暖かく湿った空気が流れ込んでいます。大雨の峠は越えたものの、午後は大気の状態が不安定となり、にわか雨や雷雨となる所があるでしょう。バケツをひっくり返したような激しい雨が降り、局地的に大雨になるおそれがあります。

福島県では、23日6時までに予想される24時間雨量は、多い所で60ミリです。

福島県を中心に、今朝にかけての雨で、地盤の緩んでいる所があります。雨雲が予想よりも発達した場合は警報級の大雨になる可能性があります。きょう22日(水)夜遅くにかけて、危険な崖や増水した川や用水路には近づかないようにしましょう。気象情報や自治体からの情報はすぐに確認できるようにしておきましょう。

23日海の日 太平洋側南部は雨や雷雨

梅雨前線が関東付近に停滞する予想です。また、北海道付近の低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、東北地方は雲が広がりやすいでしょう。午後は太平洋側南部を中心に大気の状態が不安定になり、にわか雨や雷雨になる所がありそうです。天気の急変にお気を付けください。福島県では雨が激しく降るおそれがあります。今朝にかけての雨で浸水した地域で片づけを行う際には、空模様の変化に十分に注意して作業をしましょう。

※記事の一部を修正しました


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい