20日 真夏日続出 暑さ警戒 午後は急な激しい雨や雷雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

20日 真夏日続出 暑さ警戒 午後は急な激しい雨や雷雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう20日(月)はきのう19日(日)以上に真夏日の所が多くなりそうです。西日本では猛暑日の所もあるでしょう。関東から九州は午後は大気の状態が不安定となり、急な激しい雨や雷雨の所もありそうです。お出かけの際は雨具をお持ちください。

きょうの天気

きょうは、高気圧に覆われる北海道や東北を中心に大体晴れるでしょう。ただ、東北南部の一部で午後は雨や雷雨の所がありそうです。関東から九州も晴れ間があるものの、湿った空気が入り、午後は大気の状態が不安定になりそうです。局地的に雨や雷雨で、激しく降る所があるでしょう。お出かけの際に雨が降っていなくても、雨具をお持ちになったほうが良さそうです。奄美は高気圧に覆われて、おおむね晴れるでしょう。いよいよ梅雨明けも期待できそうです。沖縄は午前中は晴れますが、午後は雨の所があるでしょう。

きょうの最高気温

きょうの最高気温は、全国的に平年並みか高くなるでしょう。九州から東海は広く30度以上、関東や東北でも30度前後まで上がる所が多いでしょう。北海道でも所々で30度以上の所がありそうです。全国的にみると、きのう以上に真夏日の所が多く、全国のアメダスの半数近くで真夏日となりそうです。また、きのうは35度以上の猛暑日になったのは大分県の日田市だけでしたが、きょうは鳥取などで35度以上の猛暑日になる可能性があります。各地で湿度が高く、熱中症の危険もさらに高まります。こまめな水分補給に加えて、塩分も適度に補給するようにしましょう。また、マスクをしていると余計に熱がこもり、熱中症になりやすくなります。無理をせず、人と人との距離を保ったうえで、時々外して休憩することも必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい