関東甲信 「梅雨明け」遅れる見通し 真夏の到来はいつ? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東甲信 「梅雨明け」遅れる見通し 真夏の到来はいつ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


あす19日も梅雨前線の影響で、関東甲信は断続的に雨で、激しい雨の降る所も。7月下旬も太平洋高気圧の本州付近への張り出しは弱く、梅雨明けは平年より遅くなりそうです。

平年以上に雨が多い梅雨

梅雨とはいえ、今年は関東甲信も平年以上に雨が多くなっています。東京都心は6月30日から19日連続で降水を観測しています。また、7月1日から17日までの東京都心の降水量は171.0ミリと平年の約1.7倍となっています。この時期としては厳しい暑さの日も少なく、平年の7月の真夏日日数は14.8日ですが、今年はわずか3日となっています。

あす19日も南部を中心に雨

あす19日も梅雨前線は関東の南岸沿いに停滞する予想です。関東南部では断続的に雨が降るでしょう。午前中を中心に沿岸部には活発な雨雲がかかり、激しい雨の降る所もありそうです。アンダーパスなど低い道路の冠水にご注意下さい。関東北部や長野県も午後は所々で雨が降りそうです。山梨県は午前中に雨が降るでしょう。

最高気温は26度くらいの所が多く、南部ではあすも厳しい暑さはなさそうです。

梅雨明けは?

盛夏をもたらす太平洋高気圧は西へ張り出し、7月下旬も本州への張り出しは弱い予想です。関東甲信の梅雨明けの平年日は7月21日ごろですが、平年より遅れる見通しです。7月下旬も梅雨前線や湿った空気の影響を受けて、曇りや雨のぐずついた天気の日が多いでしょう。

8月になると、ようやく太平洋高気圧が東日本付近まで張り出す予想です。ようやく夏空が続くようになるでしょう。気温は平年並みか高い予想で、強い日差しとともに猛烈な暑さや寝苦しい夜となりそうです。梅雨明けとともに万全な熱中症対策が必要になりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい