関東 気温グンと上昇 梅雨寒から熱中症危険レベルへ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 気温グンと上昇 梅雨寒から熱中症危険レベルへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


梅雨寒から一転。関東は急に蒸し暑くなりそう。来週は熱中症に警戒が必要なレベルの日も。

週末からは蒸し暑く

きょう(17日)も関東は梅雨寒。東京都心の最高気温は20.6度(午後4時まで)と、朝から気温は横ばいで、ヒンヤリした空気に包まれました。

あす18日(土)は、ここ数日に比べると気温は上がり、ムシムシとした体感に。さらにその後はムシムシを通り越して、空気が体にまとわりつくような不快な蒸し暑さを感じるくらいになりそうです。

22日(水)は低気圧の影響で雨が予想されています。ただ、きょうのようにヒンヤリすることはありません。東京都心の最高気温は32度と、真夏日の予想。気温や湿度から出された熱中症指数では「危険」となっています。こまめな水分補給や適度な冷房の使用など、できる限りの熱中症対策が必要となりそうです。

熱中症情報(WBGT近似値)



来週末 強い日差しも

この先の気温の傾向としては平年並みの日が多く、蒸し暑い。来週末26日(日)は日差しもあって、体にこたえるくらいの厳しい暑さが予想されています。(まだ先の予報になるため、気温は変動する可能性があります)

夏ではないようなヒンヤリ感や涼しさが続いたあとの急な暑さ。熱中症にかかるリスクが高くなりますので、小さなお子様や高齢者の方がいるご家庭などは、周りの方が気をつけてあげましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい