関東~近畿中心に夕方以降も局地的に雨雲 沿岸部で激しく降る所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東~近畿中心に夕方以降も局地的に雨雲 沿岸部で激しく降る所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


17日午後、関東~近畿にかけて所々に雨雲がかかっています。また、北陸、中国・四国でも、局地的に雨雲が湧いている所も。夕方以降も、関東~近畿を中心に、局地的に雨雲が発生しやすい状態が続くでしょう。

関東~近畿中心に所々に雨雲かかる 沖縄は激しい雨

17日、まとまった雨雲は日本の東海上に抜けましたが、前線や湿った空気の影響を受けて、関東甲信~近畿地方を中心に、局地的に雨雲が湧きやすく、雨の降っている所があります。また、午後になって、北陸や中国地方でも、所々に雨雲が湧き始めています。

沖縄地方では、太平洋高気圧の淵から回り込む湿った空気の影響で、日中も発達した雨雲がかかり、午後1時17分に 石垣市伊原間で1時間に39.5ミリ、午後1時5分に宮古島市平良で1時間に37.5ミリの激しい雨を観測しました。

夕方以降も所々で雨雲かかりやすい 東海の沿岸部や沖縄は激しい雨も

17日夕方以降も、関東甲信~近畿地方を中心に、局地的に雨雲がかかりやすいでしょう。傘が手放せない状態が続きます。

関東の沿岸部や東海・近畿では、雷が鳴る所もありそうです。特に東海地方の沿岸部では、夜になると雨脚の強まる所があるでしょう。

東北南部や北陸、中国・四国地方も、局地的に雨雲が湧きやすい状態が続く見込みです。急な雨にご注意下さい。

また、沖縄地方には引き続き発達した雨雲・雷雲がかかる見込みです。落雷や突風、急な強い雨に注意してください。

八重山地方、宮古島地方では、夕方まで低い土地の浸水に、沖縄本島地方では、今夜はじめ頃まで土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい