九州 来週にかけての雨の見通し 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 来週にかけての雨の見通し

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう16日(木)、梅雨前線は九州の南海上に停滞し、九州南部は時々雨が降り、雷を伴い一時雨脚が強まる所がある見込みです。あす以降、来週にかけても九州は梅雨前線や湿った空気の影響を受けて、不安定な天気が多いでしょう。九州は、安定した夏空が広がるのはもう少し先になりそうです。

鹿児島県 雷を伴い一時激しい雨も

きょう16日(木)は、梅雨前線は九州の南海上にあり、九州南部や奄美地方は断続的に雨となっています。午前11時30分現在、九州南部の所々や九州の西海上には発達した雨雲が見られます。

鹿児島県は、梅雨前線の活発な雨雲がかかりやすく、雷を伴い雨脚が強まる所があるでしょう。

今月3日からの記録的な豪雨で、地盤が緩み土砂災害が起こりやすくなっていますので、雨の降り方にご注意下さい。

あす以降も不安定な天気

あす17日(金)は、梅雨前線が九州南部付近をやや北上する見込みです。このため、九州南部だけではなく、被災地の熊本県も雨が降りやすくなるでしょう。

週末から来週にかけては、梅雨前線が九州から九州の北へ北上するでしょう。このため、湿った空気の影響を受けて、大気の不安定な状態が続きます。晴れ間ものぞく所がでてきますが、局地的に雨雲が発達し、激しい雨が降るおそれがあります。来週にかけて雨の降り方にご注意下さい。

また、来週は気温・湿度とも高く、かなり蒸し暑くなりますので、熱中症にも注意が必要です。

九州で安定した夏空が広がるのは、もう少し先になる見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい