近畿や四国に発達した雨雲 どしゃ降りも 道路の冠水注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

近畿や四国に発達した雨雲 どしゃ降りも 道路の冠水注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう14日、発達した雨雲が日本海側から太平洋側へと移っています。午前11時現在、四国や近畿で雨脚が強まっています。

四国や近畿でも雨脚強まる

きょう14日の朝にかけては、九州北部や中国地方など日本海側を中心に発達した雨雲がかかりました。福岡県添田町の英彦山などでは1時間に50ミリを超える非常に激しい雨が降りました。

前線の南下に伴って、発達した雨雲は日本海側から太平洋側へと移っており、午前11時現在、四国や近畿で雨脚が強まっています。1時間雨量は高知県香美市の大栃で28.5ミリ、兵庫県神戸市19.0ミリです。

局地的には非常に激しい雨も

四国では太平洋側で昼頃まで激しい雨の降る所があるでしょう。近畿中部や南部は夕方にかけて雨のピークとなり、局地的に激しい雨が降りそうです。道路が冠水したり、アンダーパスなどの低い場所に水が流れ込んだりしそうです。東海は夕方にかけて局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があり、土砂災害の危険度が急激に高まる恐れがあります、関東甲信や北陸も雨の降り方が強まり、局地的に激しく降るでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい