14日 局地的に非常に激しい雨 土砂災害や川の氾濫に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

14日 局地的に非常に激しい雨 土砂災害や川の氾濫に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


きょう(14日)は西日本と東日本を発達した雨雲が南下。局地的に滝のような非常に激しい雨も。土砂災害や川の氾濫など、新たな災害の危険度が高まっています。

前線周辺で発達した雨雲

けさ(14日)は日本海に低気圧があり、九州から関東付近に前線がのびています。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の周辺では特に雨雲が発達し、大雨になっている所があります。このあと前線は次第に南下するでしょう。

中国地方の雨のピークは過ぎつつありますが、川の水位が高くなり、広島県から島根県を流れる江の川など、氾濫危険情報が出ている河川が多くあります。雨の降り方が弱まっても、しばらくは水位の高い状態が続きますので、警戒して下さい。

九州北部はあと1~2時間は滝のような非常に激しい雨の降る所があるでしょう。九州南部や四国は昼頃にかけて、近畿は夕方にかけて雨脚が強まり、太平洋側では非常に激しい雨の降る恐れがあります。

また東日本も雨が続きます。局地的に激しい雨が降り、東海を中心に雨の量が多くなるでしょう。先週、大雨特別警報が発表された岐阜県や長野県をはじめ、これまでの大雨で地盤が緩んでいる所があるため、厳重な警戒が必要です。

東北も雨が降り、夕方からは雨脚の強まる所がありそうです。

予想降水量

【予想降水量】

あす15日朝までの24時間(多い所)

四国、東海 200ミリ

近畿 150ミリ

関東甲信 120ミリ

九州北部、九州南部、北陸 100ミリ

東北 80ミリ

土砂災害、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、低い土地の浸水に警戒・注意して下さい。

きのうより蒸し暑くなる所も

沖縄は午前中は晴れて気温がグングン上昇。ただ、午後は雨が降って、激しく降る所もあるでしょう。

北海道も日差しがありますが、午後は所々で雨や雷雨となりそうです。最高気温は平年並みで、汗ばむ陽気でしょう。

九州から関東甲信は広く夏日予想。日中の気温はきのうより高い所が多く、蒸し暑く感じられそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい