火曜にかけ非常に激しい雨エリア広がる 長引く大雨 少なくとも水曜まで 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

火曜にかけ非常に激しい雨エリア広がる 長引く大雨 少なくとも水曜まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


火曜朝にかけては日本海側を中心に活発な雨雲がかかります。その後、火曜の日中にかけて太平洋側でも非常に激しい雨の降る所があるでしょう。長引く記録的な大雨の見通しです。

日本海側 月曜夜~火曜早朝に警戒

きょう13日(月)は九州から東海、北陸にかけて日本海側を中心に雨が降っています。正午現在、発達した雨雲は海上が中心ですが、梅雨前線上の低気圧が、あす14日(火)にかけて日本海を東進するため、「発達した雨雲」も東へ移動するでしょう。

九州北部や中国地方は今夜からあすの朝にかけて激しい雨が降り、特に今夜遅くからあす未明にかけては滝のようにゴーゴーと非常に激しい雨が降るでしょう。空が暗い時間に雨のピークを迎えます。日中のうちに安全な場所に避難してください。近畿は北部など日本海側を中心に今夜は雨脚が強まるでしょう。

北陸や岐阜、長野は、あすに日付が替わる頃から発達した雨雲がかかりやすくなります。岐阜はあす明け方から朝に非常に激しい雨が降る所があるでしょう。岐阜、長野では、これまでの記録的な大雨により、少しの雨でも土砂災害の危険度が急激に高まり、河川は増水するおそれがあります。雨が強まる前の明るいうちに、身の安全を確保してください。

太平洋側 火曜朝~日中にかけて警戒

低気圧の東進に伴って梅雨前線は本州を南下するため、あす14日(火)日中にかけて「発達した雨雲」は次第に太平洋側へ移ります。九州南部や四国は今夜遅くなるほど雨の降り方が強まり、あすは昼過ぎにかけて局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。近畿も激しい雨のエリアが太平洋側へと移動します。雨雲レーダーをこまめにチェックするとよさそうです。東海は夜にかけて所々で激しい雨が降るでしょう。関東甲信は朝の通勤時に雨脚が強まり、局地的に激しく降りそうです。

警戒続く1週間

この長引いている記録的な大雨は、少なくとも15日(水)まで続きます。その後、16日(木)に梅雨前線がいったん本州の南へ下がりますが、17日(金)から18日(土)にかけて再び本州に北上する予想となっており、週末にかけて予断を許さない状態が続きそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい